「お出かけ」タグの記事一覧

『沼津港深海水族館』 冷凍シーラカンス ダイオウグソクムシ など見所いっぱい☆

65PV

お役立ち情報 (子育て関連)

静岡県沼津市にある、 『沼津港深海水族館』 へ行ってきました。

箱根への旅で、「今日このあと、どこへ行こうか~?」 という流れになった時に、クーポン誌にたまたまこの水族館が載っていて、とりあえず、行ったことないし、冷凍のシーラカンスが見れるらしいし、 ということで行ってみました。

正直、あまり期待していなかったのですが、行ってみてビックリ☆

すごく面白かったです。 オススメー!

 

水族館は、基本的に 「年中無休」 ですが、保守点検のため臨時休業の場合があるらしいので、遠方から行く方は特に、事前に確認したほうがよいかもしれません。

沼津港深海水族館は、日本初の 「深海をテーマにした水族館」 。

生きている化石として世界的に有名な 「シーラカンス」

沼津港深海水族館では、このシーラカンス5個体を常設しています。(剥製・冷凍)

常時マイナス15度で保護されている冷凍シーラカンスを見られるのは、世界中でココだけ。

恐竜時代より前から3億5千万年もの間、姿・形を変えずに生きつづけてきた深海の王様、歴史の証人、シーラカンスが大いなるメッセージを放ちます。

 

 

沼津港深海水族館

 

 

まず驚いたのは、水族館の新しさ。

2011年12月に開館した水族館だそうです。 結構、最近なんですね。

クリーンで、キレイな感じの水族館でした。

位置する場所も、「港八十三番地」 という、これまた新しく整備された感じのきれいな街の中。 なかなかイイ雰囲気の場所。

 

 

「港八十三番地」 のホームページ

こちらをクリック☆

 

 

 

水族館内では、世界中から集められた約50種の深海生物などが展示されています。

それでは、なんといってもイチオシの 「シーラカンス」 からご紹介していきます。

シーラカンスは、大昔、深海ではなく比較的浅い海にも生息していたようですが、「現代まで生き残ったものは」 というと、「深海に居たもの」 ということだそうです。

建物は、1階・2階とありますが、シーラカンスは2階に展示されています。

シーラカンスの、その不思議な生態を学べる展示物がたくさんあり、勉強になります。

 

 

 

沼津港深海水族館
この冷凍庫の中にシーラカンスが。

 

 

冷凍庫の中は、重油のような臭いがするんだそうです。
冷凍前のシーラカンスからは、始終、黒い重油のようなものが垂れていたんだそうですよ。

 

 

 

沼津港深海水族館
シーラカンス!

 

 

沼津港深海水族館
シーラカンスのうろこ。 固い!鎧みたい。

 

 

沼津港深海水族館
シーラカンスの脳はなんと、約5g。 巨体(150cmくらい?)からは信じられない程の小ささ。

 

 

 

 

動物は、一般的に体が大きくなるほど脳が重くなる傾向にあるはずですが、5gとは。。。

面白いですね。

もっと言うと、シーラカンスには、ちゃんとした背骨もないんです。

生態が、面白すぎる(笑)

 

 

 

沼津港深海水族館
お姉さんによる 「シーラカンスについての説明」 は必見☆ 時間を確認して。

 

 

もう1つの生きている化石、ラブカの剥製?もありました。
ラブカも、シーラカンスと同じ卵胎生で、受精卵を胎内で育て、親と同じ姿になった子どもを産むのだそうです。

 

 

ラブカ
沼津港深海水族館
 

 

 

シーラカンス関連の展示のご紹介は、以上。

館内はカメラのフラッシュ撮影は厳禁。(深海魚メインなので)

なかでも、「メンダコ」 は、フラッシュ無しでも撮影厳禁。(弱ってしまうため)

同じ種の生物が、深海と浅い海とで、どのように姿形が違うのかを比較できる展示もあり、面白い。

話題のダイオウグソクムシも居ます。

ダイオウグソクムシは、大きなダンゴムシみたいで、ちょっと気持ちわるかった。。。

 

 

ダイオウグソクムシ
沼津港深海水族館
 

 

 

あと、直接触れる深海魚の乾魚や皮があったので、触ってみました。

深海とは、定義では、表層から200mより深い海のことをいうそうです。

「この魚、そんな深いところに居たんだ~。暗かったろうな~」 なんて、深海に想いを馳せながら触ってみると、なんだか胸がざわざわドキドキしてしまいましたよ。

沼津港のある駿河湾は、最深部が2,500メートルに達し、日本の湾の中では一番深い湾なのだそうです。

日本一深い駿河湾には、多様な深海生物が生息。

それで、この場所に「深海水族館」ができたわけなんですね。

 

 

直接触れる深海魚
沼津港深海水族館
 

 

ところで、深海の生物の80%は、発光するんだとか!

これも初めて知ったことで、驚きました。

太陽の光の届かない海の底の方に、生物の80%が発光している世界があるだなんて。

想像すると、スゴイですね。

深海。そこはまるで宇宙のように神秘的な世界なのではないでしょうか?

 

そういえば、ちーーっちゃくなったブタメンが展示してありましたが、深海は水圧がとても大きいので、ブタメンも圧縮されてちーーっちゃくなってしまうのだそうです。

 

「人間が簡単に行ける場所ではない」「まだまだ解明されておらず謎の多い場所」 というところにも、なにか、遠い宇宙と共通する神秘さを感じてしまいます。

 

 

 

butamen.jpg
 

 

 

「深海プラネタリウム」(ヒカリキンメダイ)の展示もありましたが、真っ暗ななか、青白く点滅して光りながら泳ぐヒカリキンメダイ達は、本当に美しかったです。
(この後「浜焼しんちゃん」で、このヒカリキンメダイちゃんを7匹くらい美味しく頂いたわけなんですが。。。)

他には、こんな変わった生き物たちも居ましたよ。

 

 

 

沼津港深海水族館
ユウレイイカ (これは生きてません。)

 

 

沼津港深海水族館
オウムガイ

 

 

沼津港深海水族館
カワテブクロ

 

 

透明標本も、珍しい。
透明な生き物を見やすくするため、人工的に色付けされているんです。

 

 

 

沼津港深海水族館
透明標本

 

 

全体として言えることですが、展示の説明が丁寧で、わかりやすい!と思いました。
見せ方が工夫されている印象でした。
水族館のかたの努力がすごい!と思いました。

 

 

沼津港深海水族館
 

 

 

沼津港深海水族館
キャビアやカラスミって、どんなお魚の卵なのかな?

 

 

おみやげ屋さんでは、他では買えないような深海魚グッズやぬいぐるみが販売されています。

シーラカンス、ダイオウグソクムシとか。

かわいい… のかな!?

男の人の部屋にあってもあまり違和感がなさそうな、甘さ控えめの、ぬいぐるみさん達でした~。

 

さて、水族館入館時、私は 「るるぶFREEのクーポン」 を持っていったので、数百円割引ではいれました。

水族館の入場券のレシートを見せると、港八十三番地内のお店で10%引きなどの割引きを受けられるようです。

私達は水族館のあと、「浜焼しんちゃん」で、マンボウの腸やヒカリキンメダイの唐揚げや貝類を焼いて食べました。

会計時、お隣りの駐車場の駐車券を見せると、1時間サービス券をもらえました。

水族館では、駐車券を見せてもサービス券をもらえなかったんですよ。

サービス券は、飲食店のほうで配っているようです。

港八十三番地内のお店が、相互に提携している感じ。

港八十三番地内は、ほんとに小さな街なので、水族館ついでに巡ってみてください。

 

 

 

沼津港深海水族館
マンボウの腸・カキ・サザエ 浜焼き♪ 「浜焼しんちゃん」にて。

 

 

沼津港深海水族館
「港八十三番地」を一歩出ても、散策を楽しめそう♪ 沼津港であがる美味しい魚がたくさん。

 

 

 

「沼津港深海水族館」 のホームページ

こちらをクリック☆

 

 

 

 

※ 情報は2014/04現在のものです。

 

 

 


ガイドさん付きだと、数倍楽しい![国立科学博物館]子ども向け音声ガイドも♪

73PV

地域限定情報 - 関東 -

前にもご紹介しました、東京都上野にある[国立科学博物館]ですが、先日、また行ってきたのであらたな感想を (^^)/

科学博物館に着くと、入り口付近で、「ガイドツアーの案内」 という貼り出しを目にしました。

ちょうど良い時間帯に開催されるツアーがあったので、参加してみることにしました♪

ガイドツアーに参加するのははじめてだったので、ドキドキワクワクでした。

 

ガイドツアーというのは、

「博物館の見どころなどを約1時間でご案内」 してもらえるツアーで、教育ボランティアさんによるガイドを楽しめるものです。

「ファンも続出の人気のガイドツアー」とのこと。

無料です。(入場料金内です。)

 

 

科学博物館ガイドツアー
ガイドツアー

 

 

<ガイドツアー>
時間:開館日の10:30、13:30、14:30 にスタート。
(火・木・日は11:30の回もあり。)
集合:日本館地下1階・ラウンジ前
(入場券を見せて入ってすぐの左の方)

 

 

このガイドツアーがですねー、すごく面白かったんです!

「ガイドさん付きだと、数倍楽しい!」 とタイトルに書きましたが、2倍3倍じゃありません。10倍楽しめますね!

ツアーは約1時間なんですが、約1時間経ったところで、担当のボランティアさんがこうおっしゃったんです。

「ここで一旦締めますが、他にもご紹介したいものがあるので、ご興味のある方はついてきてください」。

キラキラした目でおっしゃるもので、引き込まれるように、私はついて行ってしまいました。

結局、通しで2時間。

楽しかった~♪ 面白かった~♪

科学好きの私は、大変、満足したのでありました。

 

ところで、そのときSORA (5才) が一緒にいたのですが、ごめんね… 本当にごめん。

SORAは、1時間が限界だったようで、後半は集中できずにぐずってしまい、ちょっとかわいそうなことをしてしまいました。

「帰りに、化石のガシャポンやってね。絶対やってね!」 と、耳の傍でそんなことばかり言っていました…

ボランティアさんによるガイドツアーは、小学3年生くらい (?) からなら、楽しめるんじゃないかなーと思います。

私は、SORAが居ない日にでも、是非またガイドツアーに参加して、どっぷり科学を楽しみたいと思いましたね。

ボランティアさんは何人かいらっしゃるようなので、今度は、別の方の解説も聞いてみたいです。

「子供向けのガイドツアー」なんていうのがあったら、SORAにもいいんでしょうけど。

企画していただけると、嬉しいです!

 

帰りは、SORAを退屈させた罪悪感もあり、約束したガシャポン (300円) を。

「アンモナイト」 が出て、嬉しそうなSORAでした。

ガシャポンには、組み立て式の恐竜の骨の模型 (200円) があったり、化石 (300円) があったりします。

売店で買うと何でも高いですが ( ^^;)、小さな子には手軽でいいですよ、ガシャポン。

 

 

科学博物館を出たあとは、公園に立ち寄りました。

科学博物館から、噴水のある広場を突っ切って5分くらいで行ける公園 で、ちょっと珍しい遊具もある公園でした。

年齢なりに楽しめる遊具が揃っていて、なかなかいい公園カモ。

 

 

赤丸のあたりにある公園です。

上野・公園
 

 

この公園で、グルグルと回転する遊具が、SORAは一番気に入ったようでした。
この遊具は、空くのを待っている子が常に居るような人気っぷりでした。
私もやってみましたが、結構スピードが出て、楽しかったです(笑)
「このグルグル、家の近くの公園にも欲しいっ。持って帰りたいっ。」 と思っちゃいました✩

 

 

 

 

上野・公園
グルグルと回転する遊具

 

上野・公園
こんなのも

 

上野・公園
こんなのも

 

 

※ 情報は 2014/03 時点のものです。

 

 

(追記: 2014/09/16)

平成26年6月3日より、タブレット端末にて、常設展の音声ガイドを楽しむことが出来る 「かはくナビ」 の貸出しがはじまりました。

日本語、英語、中国語、韓国語、日本語子ども向け版の切替ができます。

※ 貸出しは、平成27年6月頃まで310円。 それ以降は500円。

 

 

かはくナビ
かはくナビ
 

 

かはくナビは、
科学博物館を訪れた2人の対話を聞くかたちで展示内容をわかりやすく解説してもらえる ようになっています。

カウンターの方に聞いたところ、「小学生以上の子向け」 だそうです。

空はまだ幼稚園年長なのでちょっと迷いましたが、試しに使ってみました。

音声番号の入力作業がちょっと面倒に感じました (ipadなどのタッチパネルに慣れていると、番号タッチで即Go!じゃないと、ちょっとめんどいと感じてしまう。。。 スミマセン。) ですが、やっぱり、あると便利ですよ。

展示を見て回っていると、展示説明がほとんどなくて、 「それが何なのか?」 よくわからず、首をかしげて通り過ぎるようなものがたまにあるんです。

そんなとき足元をみると、音声ナビ用の番号が書いてあるので、説明を聞けて便利でした。

展示を数倍、楽しめると思います。

幼稚園年長のSORAは、どこまでわかったかわかりませんが、ちゃんと耳に当てて聞いておりましたヨ。

 

 


『爆笑!星のお兄さんプラネタリウムショー』 笑いを交えた星空解説♪

101PV

超・地域限定情報 - 埼玉 -

さいたま市宇宙劇場(埼玉県)で開催された 『爆笑!星のお兄さんプラネタリウムショー』 を見てきました✩

最初に 「さいたま市宇宙劇場」 のサイトで、このショーの開催情報を見たとき、ふしぎ~な気持ちになりました。
プラネタリウムで爆笑ってどんな??ってかんじですよね。

 

え。。。  どんな?どんな??どんな???

 

好奇心に突き動かされ、前売り券を購入してしまいました。

でも、幼児 (5才) でも楽しめるのかなあ~、1時間もの長い間、大人しく (もしくは爆笑で) 聞いていられるのかなあ~。。。

とちょっと、心配な気持ちでした。

そんな、見るまでは不思議で怪しげに思えたショーも、実際に見てみると、すっごく楽しくて、行ってヨカッタです (*^∀゚)b

5才のSORA、4才のお友達、共に、最後までお目々パッチリ&ゴキゲンでしたよ (⌒▽⌒)

子供にわからなそうな(笑いの)内容がけっこうありましたが、子供のツボも、ちゃんとおさえている感じでしたね。

SORAは、けっこう笑っていました。

私は、「おおぐま座」の話や「こいぬ座」の話が、かなりツボで、帰りの電車内でもまだ引きずっていて、ときたま吹き出しそうでした (*≧艸≦)

 

寝る前に、いつもSORAに本を読んであげているのですが、その晩は、SORAが珍しく星座表の載っている本を持ってきたので一緒に見ました。

当たり前ですが、「お兄さんのプラネタリウムショー」 でやっていた星座がぜーんぶそのまま載っていて、1個1個見ているうちに、お兄さんが言っていた色んなことが思い出されて、2人でケラケラ笑ってしまいました。

そういえば、私自身、星座表などこれまでマジマジと見たこともなかったのに、こんな風に興味を持って「見れる」ようになったのは、スゴイ!こと。

お兄さん効果です✩

 

私が星座にどうしてこれまで興味が持てなかったのかって、考えてみたら、星座とは昔の人が星と星を線でつないで「クマに見える」だの「ヤギに見える」だの 「想像で作りあげたもの」 であって、あまり実生活では役立たないように思えたからなんだと思います。

その「昔の人」と友達でも知り合いでもない私が、星座に興味を持てないのは、当たり前といえば当たり前。

だからこそ、星座に興味を持つには、キッカケが必要だったんです。

「面白い!楽しい!」 という。 そのへんを刺激してくれたお兄さん、スゴイ!と思う。

小学生の頃、つまらない授業のとき、後ろの席の人と教科書に落書きをして遊んだときの気持ちが思い出されて、こういう人(生徒)がクラスに1人居たら楽しいよな~なんて、なぜか子供目線で思ってしまいました。

星までの距離の話(光年数)やオリオン座の星が明日にも消えるかもしれない! (または100万年後か) という話なども、勉強になりました。

こういう話を聞くと、毎晩、ふと夜空を見上げたくなりますね。

「同じことをやっている」とのことですが、是非また見に行きたいです。

 

 

お兄さん? お◯さん?
星のお兄さん
 

 

 

お兄さん、いつもは、滋賀県にある「ホテルラフォーレ琵琶湖」にあるプラネタリウムで星空解説をしているそうです。

 

 

 

【ホテルラフォーレ琵琶湖】

こちらをクリック☆

 

 

 

それより、お兄さん、50才って本当なんでしょうか?

ご自身で50才だとおっしゃって、最初、ネタかと思ったんですが、最後まで否定されませんでした。

でも、50才には見えませんでしたよ!

これからも、子供達・大人達のために、このショーを続けてくださいネ (^0^)/

おじいさんになっても♪

 

 



ページの先頭へ