「便利グッズ」タグの記事一覧(2 / 7ページ目)

『たんけんボード』 幼児でも使えるサイズ感♪[便利な画板]

150PV

お役立ち情報 (子育て関連)

昔、「ホワイトボードで作る幼児用画板」という記事を書きましたが、既製の子ども用画板で、機能的なものを見つけたのでご紹介♪

 

 

裏面に、マチ付き大型ポケットペンケース付き!

お散歩・野外観察などに連れてって

幼児でも手頃なサイズ。

角が丸くて、ぶつかっても痛くない

お外でも気軽にお絵かきや折り紙遊びができちゃう!優れものです~(^^)

 


『バッグパーティション』 お手持ちのバッグがマザーバッグみたいに使いやすく♪

80PV

お役立ち情報 (子育て関連)

最近のバッグって、やたら収納部屋多すぎじゃ!と、私は思う( ^^;)

 

機能性を追求した結果なんでしょうが、あんなにファスナーやらポケットやら多くて、みんな、ほんとに使いこなせてるのか??

いや、人口の5%くらいがああいうの絶対に使いこなせないのは知っているけど。

でも、ああいうの使いこなせる人って、ほんとにスゴイな~って思う… 尊敬する (*@_@*)

頭のなか、どうなっているのだろう?

バッグの中と同じく、色んなことがキレイーに整理整頓されてしまわれているのだろうか?

 

私、ああいうバッグを買ったとしても、付いている部屋の9割は使わないんです。

ファスナーなんて全封鎖状態…

だって、部屋に物を入れたが最後。 どこにしまったかも忘れるし、何をしまったかも、すぐに忘れるから。

結局、片っぱしからファスナーの開け閉めを繰り返して物を探しまわるハメに、何度なったことか…

私に使いこなせる部屋は、せいぜい1~2個。 (本音は1個だったり) あとは不要だし、無理!

これまでに、色んな形のバッグを試してきた。

かなりの数のバッグを試してきたと思う。

そして、バッグのなかが片付かないことを、ずーっと、バッグのせいにしてきた。

バッグのカタチが、ほんっとに悪い。 使いにくい!

しかも、探せど探せど、欲しいバッグがどこにもない!

 

イライライライラ~ ヾ(*`ェ´*)ノ
まあ、片付かないのはバッグのせいじゃないんだろうね、きっと( ^^;)

バッグ・イン・バッグも、試したけれどダメだった。

バッグ・イン・バッグごとバッグの中でつぶれてしまい、あれはどうにも役立たない。(役立てることができない)

敗因は、あのスリムすぎる形状かと。。。 マチがあまりない。 (スリムなバッグをよく使う人にはイイのだろうけど。)

安定しないので、ときにバッグの中でひっくり返ったりしてますよ。。。ヾ(*`ェ´*)ノ プンプン

 

私には、バッグ・イン・バッグより「バッグ・イン・ボード」の方が、使いやすかったかな。

バッグ・イン・ボードは、物をゴムで挟んで、しまいます。

しまった物が常に見えてるから、どこの部屋にしまったかを忘れてしまうこともなく、使いやすい。

硬さがあるから、バッグの中でフニャフニャしたりグジュグジュになったりもしない。

 

 

バッグ・イン・ボード(ニトリで購入)
バッグインボード
 

 

 

いつか自分が本当に使いやすいと思えるバッグと出会えたらナーと思っているけれど、なかなか出会えないので、こうした便利そうな仕分けパーツを活用してなんとか!バッグ内を整理しています。

もはや、こっち (仕分けパーツでの整理) の方がベターなのかもしれないと、最近は思ったりもする。

仕分けパーツをうまく活用することができれば、選べるバッグの幅が広がるから♪

色んな柄やデザインのバッグのなかから、好きなものを選べますもんね!

 

そうそう。

今日、たまたま 『バッグパーティション』 なるものをネットで見つけたんです。

お、これは! と胸が騒いで、購入しました。

 

 

 

 

 

なぜ、 「お、これは!」 と思ったのかというと、マチが大きく底板も付いているので、バッグの中で安定してくれそうな感じがしたから。

ポケットも、ふっくらと大きめ。

ポケットも、これくらいふっくらしていれば、しまった物が上から見えるので安心なんです。

バッグの中の収納は、 「パッと見て全体がわかる、見通せる」 ことがミソな気がします。 使いやすさの点で。

なんかね、見えないものから使わなくなっていき、そのうちにそれが 「在ること」 すら忘れてしまうんですよ。 私みたいにガサツな女はね…( ^^;)

 

バッグパーティションを使って、子供のお泊まり保育のリュックをセッティングしてみました✩
整理下手な母が、整理下手の子供のために、一生懸命荷造り☆

 

 

バッグパーティション(A4サイズ)を使用
バッグパーティションで荷造り
 

 

 

バッグパーティションに、分かりやすいようにテープで見出しをつけて、歯ブラシ・ティッシュ・レインコート・タオル・カユミ止め薬・長袖・長ズボンを収納しました。

バッグパーティションより背中側に、パジャマやら翌日の着替えやらパンツやら水着やらを入れたらちょっとモワついたので、一番背中側にバシっとバッグ・イン・ボードを差し込んで背負いやすくしました。

バッグ・イン・ボードは、もう完全に私の 「相ぼう」 です。 使いやすい。

バッグ・イン・ボードには、汚れものを入れるためのビニール袋を挟み込んでおきました。

バッグパーティションはマチが大きいので、一般的なバッグインバッグと違いバッグ内で安定します。

「仕切り」として使えて、とっても便利ですよ♪

 

 

(追記: 2017/01/19)

リュックのなかの整理っていうのもまた、悩ましいですよねー。

「高さ」 のある空間を有効に活用するのって、なかなか難しい。。。

それで、リュックの中を整理するグッズってないかな~とずっと思っていたんですが、ありましたヨ!

お手持ちのリュックにサイズが合えば、使えそうですね!

 

 

 

 

 

 


『沼津港深海水族館』 冷凍シーラカンス ダイオウグソクムシ など見所いっぱい☆

81PV

お役立ち情報 (子育て関連)

静岡県沼津市にある、 『沼津港深海水族館』 へ行ってきました。

箱根への旅で、「今日このあと、どこへ行こうか~?」 という流れになった時に、クーポン誌にたまたまこの水族館が載っていて、とりあえず、行ったことないし、冷凍のシーラカンスが見れるらしいし、 ということで行ってみました。

正直、あまり期待していなかったのですが、行ってみてビックリ☆

すごく面白かったです。 オススメー!

 

水族館は、基本的に 「年中無休」 ですが、保守点検のため臨時休業の場合があるらしいので、遠方から行く方は特に、事前に確認したほうがよいかもしれません。

沼津港深海水族館は、日本初の 「深海をテーマにした水族館」 。

生きている化石として世界的に有名な 「シーラカンス」

沼津港深海水族館では、このシーラカンス5個体を常設しています。(剥製・冷凍)

常時マイナス15度で保護されている冷凍シーラカンスを見られるのは、世界中でココだけ。

恐竜時代より前から3億5千万年もの間、姿・形を変えずに生きつづけてきた深海の王様、歴史の証人、シーラカンスが大いなるメッセージを放ちます。

 

 

沼津港深海水族館

 

 

まず驚いたのは、水族館の新しさ。

2011年12月に開館した水族館だそうです。 結構、最近なんですね。

クリーンで、キレイな感じの水族館でした。

位置する場所も、「港八十三番地」 という、これまた新しく整備された感じのきれいな街の中。 なかなかイイ雰囲気の場所。

 

 

「港八十三番地」 のホームページ

こちらをクリック☆

 

 

 

水族館内では、世界中から集められた約50種の深海生物などが展示されています。

それでは、なんといってもイチオシの 「シーラカンス」 からご紹介していきます。

シーラカンスは、大昔、深海ではなく比較的浅い海にも生息していたようですが、「現代まで生き残ったものは」 というと、「深海に居たもの」 ということだそうです。

建物は、1階・2階とありますが、シーラカンスは2階に展示されています。

シーラカンスの、その不思議な生態を学べる展示物がたくさんあり、勉強になります。

 

 

 

沼津港深海水族館
この冷凍庫の中にシーラカンスが。

 

 

冷凍庫の中は、重油のような臭いがするんだそうです。
冷凍前のシーラカンスからは、始終、黒い重油のようなものが垂れていたんだそうですよ。

 

 

 

沼津港深海水族館
シーラカンス!

 

 

沼津港深海水族館
シーラカンスのうろこ。 固い!鎧みたい。

 

 

沼津港深海水族館
シーラカンスの脳はなんと、約5g。 巨体(150cmくらい?)からは信じられない程の小ささ。

 

 

 

 

動物は、一般的に体が大きくなるほど脳が重くなる傾向にあるはずですが、5gとは。。。

面白いですね。

もっと言うと、シーラカンスには、ちゃんとした背骨もないんです。

生態が、面白すぎる(笑)

 

 

 

沼津港深海水族館
お姉さんによる 「シーラカンスについての説明」 は必見☆ 時間を確認して。

 

 

もう1つの生きている化石、ラブカの剥製?もありました。
ラブカも、シーラカンスと同じ卵胎生で、受精卵を胎内で育て、親と同じ姿になった子どもを産むのだそうです。

 

 

ラブカ
沼津港深海水族館
 

 

 

シーラカンス関連の展示のご紹介は、以上。

館内はカメラのフラッシュ撮影は厳禁。(深海魚メインなので)

なかでも、「メンダコ」 は、フラッシュ無しでも撮影厳禁。(弱ってしまうため)

同じ種の生物が、深海と浅い海とで、どのように姿形が違うのかを比較できる展示もあり、面白い。

話題のダイオウグソクムシも居ます。

ダイオウグソクムシは、大きなダンゴムシみたいで、ちょっと気持ちわるかった。。。

 

 

ダイオウグソクムシ
沼津港深海水族館
 

 

 

あと、直接触れる深海魚の乾魚や皮があったので、触ってみました。

深海とは、定義では、表層から200mより深い海のことをいうそうです。

「この魚、そんな深いところに居たんだ~。暗かったろうな~」 なんて、深海に想いを馳せながら触ってみると、なんだか胸がざわざわドキドキしてしまいましたよ。

沼津港のある駿河湾は、最深部が2,500メートルに達し、日本の湾の中では一番深い湾なのだそうです。

日本一深い駿河湾には、多様な深海生物が生息。

それで、この場所に「深海水族館」ができたわけなんですね。

 

 

直接触れる深海魚
沼津港深海水族館
 

 

ところで、深海の生物の80%は、発光するんだとか!

これも初めて知ったことで、驚きました。

太陽の光の届かない海の底の方に、生物の80%が発光している世界があるだなんて。

想像すると、スゴイですね。

深海。そこはまるで宇宙のように神秘的な世界なのではないでしょうか?

 

そういえば、ちーーっちゃくなったブタメンが展示してありましたが、深海は水圧がとても大きいので、ブタメンも圧縮されてちーーっちゃくなってしまうのだそうです。

 

「人間が簡単に行ける場所ではない」「まだまだ解明されておらず謎の多い場所」 というところにも、なにか、遠い宇宙と共通する神秘さを感じてしまいます。

 

 

 

butamen.jpg
 

 

 

「深海プラネタリウム」(ヒカリキンメダイ)の展示もありましたが、真っ暗ななか、青白く点滅して光りながら泳ぐヒカリキンメダイ達は、本当に美しかったです。
(この後「浜焼しんちゃん」で、このヒカリキンメダイちゃんを7匹くらい美味しく頂いたわけなんですが。。。)

他には、こんな変わった生き物たちも居ましたよ。

 

 

 

沼津港深海水族館
ユウレイイカ (これは生きてません。)

 

 

沼津港深海水族館
オウムガイ

 

 

沼津港深海水族館
カワテブクロ

 

 

透明標本も、珍しい。
透明な生き物を見やすくするため、人工的に色付けされているんです。

 

 

 

沼津港深海水族館
透明標本

 

 

全体として言えることですが、展示の説明が丁寧で、わかりやすい!と思いました。
見せ方が工夫されている印象でした。
水族館のかたの努力がすごい!と思いました。

 

 

沼津港深海水族館
 

 

 

沼津港深海水族館
キャビアやカラスミって、どんなお魚の卵なのかな?

 

 

おみやげ屋さんでは、他では買えないような深海魚グッズやぬいぐるみが販売されています。

シーラカンス、ダイオウグソクムシとか。

かわいい… のかな!?

男の人の部屋にあってもあまり違和感がなさそうな、甘さ控えめの、ぬいぐるみさん達でした~。

 

さて、水族館入館時、私は 「るるぶFREEのクーポン」 を持っていったので、数百円割引ではいれました。

水族館の入場券のレシートを見せると、港八十三番地内のお店で10%引きなどの割引きを受けられるようです。

私達は水族館のあと、「浜焼しんちゃん」で、マンボウの腸やヒカリキンメダイの唐揚げや貝類を焼いて食べました。

会計時、お隣りの駐車場の駐車券を見せると、1時間サービス券をもらえました。

水族館では、駐車券を見せてもサービス券をもらえなかったんですよ。

サービス券は、飲食店のほうで配っているようです。

港八十三番地内のお店が、相互に提携している感じ。

港八十三番地内は、ほんとに小さな街なので、水族館ついでに巡ってみてください。

 

 

 

沼津港深海水族館
マンボウの腸・カキ・サザエ 浜焼き♪ 「浜焼しんちゃん」にて。

 

 

沼津港深海水族館
「港八十三番地」を一歩出ても、散策を楽しめそう♪ 沼津港であがる美味しい魚がたくさん。

 

 

 

「沼津港深海水族館」 のホームページ

こちらをクリック☆

 

 

 

 

※ 情報は2014/04現在のものです。

 

 

 



ページの先頭へ