「健康」タグの記事一覧

海の恵み「にがり」を、活用してみよう☆

70PV

健康と美容

「にがり」は、お豆腐を作るときに使われるものとして、よく知られていますネ。

「にがり」と豆乳とで、手作り豆腐を作るのにチャレンジした経験のある人も、いるのではないでしょうか?

 

我が家では、2年くらい前から料理の時に「にがり」を活用しています。

TVでこんな話を聞いたからです。

 

 

『 野菜を茹でるときに、よく「塩を入れなさい」といわれるでしょ。

あれは、「野菜を色よく茹でるため」と言われているんだけど、

普通の塩には「にがり」成分が含まれていない(取り除かれている)から、入れても色どめにはならない。

色止めの効果は、実は、塩というより「にがり」によるものだから。』

 

 

普通の塩というのは、「にがり成分が残っている、天然塩」以外のことをいうのだと思いますが、

このことは、野菜を茹でる時にいつも塩をパラパラ入れていた私にとって、衝撃でした(@0@)

料理には、普段から「天然塩」を使っていた我が家でも、野菜やパスタを茹でるときだけは「安っぽい普通の塩」で済ませていたので(ー_ー)モッタイナイもん

それからは、野菜を茹でるときに「塩」ではなく「にがり」を少量垂らすようになりました。

もう、かれこれ2年ですね。

 

 

にがりには、80種類以上ものミネラルが含まれているんだとか☆

美肌にも効き、お風呂に少量入れると、アトピー性皮膚炎にもよいそうですよ。

うちの子もアトピーなので、やっていました☆

 

「にがり」は、ちょっと舐めただけでもとっても苦いので、使うときは少量ですが、とても役に立ちます。

先ほどお話しした「茹で野菜の色止め」の他、「肉をやわからくする」「お米がふっくらと炊ける」「煮物の荷崩れを防ぐ」「素材のうま味を引き出す」など。

また、切り花を差すお水に少し垂らすと、お花が長持ちするんだそう♪

試してみたいですね!

 

海の恵みたっぷりの「にがり」、あなたも、生活に取り入れてみては?

 

 

 

 

 

 


[お尻ダイエット]30秒でマイナス3センチ!?

82PV

健康と美容

下半身おデブな私。

年に1回くらいの頻度で危機感を感じ、年に1回くらいは何かしらにチャレンジしています(エステ・サプリ・セルフマッサージ・運動など)。

が、続きません… ぜんっぜん根気なし…

 

でも最近、youtubeで目にした、ある動画が気になって。

動画の中では、私がこれまでにまだ試したことのなかった運動が紹介されていたので、やってみました☆

そしたら、ほんとに即効性があって、お尻が小さくなって、驚いた(@0@)

 

1日2回、1週間続けてみたら、お尻のお肉がストーンと落ちて、ずいぶん小尻になりましたよ♪

自分で触って驚くぐらい、お尻のサイズが変わりました☆

 

 

 

 

私みたいな下半身おデブさん、この運動、是非やってみて~。

骨盤がキューっと締まる「効くー☆」感がある運動だから、やっていて気持ちがいい♪

筋力トレーニングじゃないから疲れないしね (*´∀゚) これなら続けられるかな??

 

 

慣れないうちは、この運動の体勢って、固くてちょっとキツいかもしれないけれど、「膝(ヒザ)」を痛めないないようにくれぐれも気を付けて。

意識を、後ろにしている側の足の方に持っていって、後ろにしている側の骨盤をキューっと絞めるようにすると、膝に負担が掛からないようにできると思います( ´∀`)b

 

 

 

お尻ダイエット運動
お尻ダイエット運動中の足

 

 

 

女性は、生理や出産などで骨盤の動きが激しい分、結果が出やすいんだそう。

(だから、女性はお尻がデカくなってしまいやすいのかー… 逆に言うと。)

 

 

 

骨盤の歪み
お尻を大きくする(><)ダメな例

 

 

 

そういえば私、これまで、こんな風に ↑ 足を組む癖があったんだけれど、これって動画で紹介されている運動と足の向きが逆ー。 足先が内側に入って内股になってるー。 (「お尻ダイエット運動」は、外股で行う運動。)

こんな風に何気なくやっていた普段の癖が、骨盤を広げてしまって、私を下半身おデブにしていたのねーー(T_T)

反省~。

これからも、この「お尻ダイエット運動」、続けようと思っています(^-^)v

 

 


「かんたん炭酸風呂の作り方」 家庭でできる♪

42PV

健康と美容

フジテレビの「ホンマでっか!?TV」で、だいぶ前にやっていた情報のまとめです。

(重い腰あげてやっと。 疲労たまってます… )

 

早坂信哉教授の回で、疲労回復に効果的なものとして、「炭酸風呂」が紹介されました。

家庭で手軽にできる、炭酸風呂の作り方です。

 

◯ 食用の重曹: 大さじ3杯

◯ 食用のクエン酸: 大さじ2杯

(お風呂のお湯200リットルに対して)

 

上記を合わせて、お風呂に投入するだけです!

シュワシュワ~ッ となります。

よくスーパー銭湯にあるような炭酸風呂のように、ずっとシュワシュワしていないので、ほんとに効果あるの?と不安に思うかもしれませんが、効果あります!ご心配なさらず!

炭酸風呂にした日は、そうでない日と比べて、明らかに体があったまり、出た後もなかなか湯冷めしにくい。

いつまでもポカポカしていて、気持ちがいい♪

 

「炭酸風呂で疲労がとれる」のは、次のようなことが体の中で起こるからだそうです。

 

炭酸が皮膚から吸収される → 二酸化炭素が血管まで浸透 → 血中の二酸化炭素が増加

→ 体が酸素不足と勘違いして血管を拡張 → 血流がよくなり老廃物が排出される。

 

「疲労がとれる」仕組みが分かると、ますます効きそうな気がしてきますよねー☆

炭酸風呂は、普通の風呂に比べて血流が増えることが知られており、10分以上の入浴で2倍以上血流がよくなるのだそうです。

 

私は、湯船の中で仰向けになって、顔以外全部、頭まで浸かります。

「頭皮が固いと顔の皮膚を上に引っ張り上げることができないから、顔の皮膚がだんだん下がってきて、老けて見えるようになる」 というちょっと怖い話を、どこかで聞いてから、これをやるようにしています。

気持ちいいですよ~。確かに、頭皮の血行まで、良くなる気がします。

 

ドラックストアで簡単に手に入る材料で、炭酸風呂、手軽にできますね♪

かかる費用も安いので、ぜひ試してみましょう☆

 

 

炭酸風呂

 

 

最後に、ご注意点。

 

・ 追い焚き機能を控えて使用。

・ 浴槽のタイプによっては傷む可能性があります。

 

とのことです!

 



ページの先頭へ