「アトピー」タグの記事一覧

『あとぴナビ』 アトピー・食物アレルギーのお子さんをお持ちのmamaへ

55PV

アトピー性皮膚炎

アトピー用Tシャツ
手袋の部分が縫い合わせてあるのでミトンのように勝手に外してしまわず、便利そうですね。

アトピー用Tシャツ
atot.jpg

私は、SORAが赤ちゃんのとき、よくある掻きむしり防止手袋(ミトン)をつけさせていましたが、手が上手に使えるようになると自分で外してしまって、どうしたらよいものか。。。すごく悩みました。
赤ちゃんの時には、掻くと肌の皮がベロンと露出するほど酷い状態になってしまい、それでもなお搔くので、「どうしよう。。。」と、時には涙を流しながら、育ててきました。

こういうTシャツがあるんですね(^^)
SORAはもう4才になりましたが、赤ちゃんのときに知っていたら、使っていたカモ。
でも、ちょっと大きめのTシャツのお手々のところをミシンで閉じちゃって、着せるという方法もありかもしれませんヨ

おかあさんとかに、「そんな事してかわいそう。。。」 とか言われそうですが ^^;
でも、こういう工夫も、必要なことだと思います。
掻いたところには雑菌がつきやすく、それがまたかゆみの原因になり。。。 「悪循環」なので、なるべく体に傷がつかないようにしてあげなくてはなりません。

こんなサイトもありますヨ

アトピー性皮膚炎総合情報サイト『あとぴナビ』は、「自然治癒力」の考えを基本理念とした、アトピー性皮膚炎に関わるさまざまな医療情報などを提供をしています。




会員無料!あとぴナビ

[個別ページへ]


大きい子向けタミータブ?1人で湯船♪ 園児に☆ 【アトピーの子へ】

139PV

アトピー性皮膚炎

お風呂のとき、うちは、子どもはママとは別に、普段は1人で湯船に入ってもらっています。

(たまにはママと一緒に入ったり、パパと一緒に入ったり、温泉で3人でくつろいだりします。)

子供だけをお風呂に入れるときに使える!のが、「タミータブ」という商品ですが、これはベビー向けの商品。
「タミータブ」については、こちら に記事にしてありますので、是非、ご覧ください(^^)

 

今日は、ベビーを卒業した幼児向けの、タミータブもどきの提案です。

3才でもまだ、ベビー用のタミータブに浸かっていたSORA。

「狭いからイヤ」

と拒否りだしたのは4才になってから。

タミータブの対象年齢が 「新生児から3歳児まで」 なので、本当に 「その通り!」 だったわけですネ。

 

そこでネットで探し始めたのは、大きな子向けのタミータブ。

しかし、そんな商品はな~い ( ̄Д ̄;)

とうとう、彼1人のために湯船にお湯をはらなければいけない時がきたか・・・

と諦めかけた。。。と、その時に発見したのがコレ↓

 

 

 

 

 

早速、購入。浸からせてみる。

 

 

アルゴ
保温のため二重にしています。

 

 

アルゴ
身長93cm。ペタンとお尻をつければ、肩まで浸かる

 

 

SORA、大喜び♪  快適らしい!

ここ数日間、小さなビニールプールにお湯をはってSORAを浸からせていましたが、おヘソくらいまでしかお湯に浸れないし、ビニールは薄いからすぐにお湯が冷めるしで、チョットかわいそうだったんです。

アルゴなら!首元までつかることができるし、お湯も冷めにくいし、GOODです(・▽・)

(私は保温のため、アルゴを二重にして使っています。しかし、1つのままでも、ビニールプールより保温性は高いです。)

 

SORAはアトピーなので、お湯に「にがり」を混ぜてみたりと、色々試しています。

タブに入れるお湯自体、塩素を大幅にカットした浄水を用いています。

大きな普通の湯船だとコストパフォーマンスが悪いですが、タミータブなら「にがり」も浄水も少量の消費で済みます(^^)

 

アルゴはやわらかいので、排水もしやすい。

タミータブは、ちょっと傾けると一気に水がドバーッとこぼれますが、タミータブは、ぐにゃっと口を曲げて、チョロチョロとこぼしていけるので排水がしやすいんです。

 

お子さまの安全のため、使用中は、そばを離れないでくださいね。

タミータブでもそうでしたが、子供がふいに立ち上がってフチに体重をかけると、タブが倒れて子供がケガをする恐れがあります。

アルゴはやわらかいので、フチに体重をかけても体重が分散されて、転倒はしづらいですが。(タミータブはバーンと転倒しやすい…)

 

用途は色々!

 

◯ 洗濯用品をひとまとめ
◯ 子供のおもちゃの片付けに
◯ アウトドアでも大活躍。レジャー用品を入れて

 

用途別に色分けするのもいいですね!

 

 

 

 

 

 



ページの先頭へ