自分でがんばる知財の出願〔特許〕

108PV

在宅ワーク・起業

知財(特許など)の出願は、自分ですることが出来ます。

あなたも、「こういうのがあったら便利なんじゃないかなー」と思うことがあったり、

お店で見つけた新商品を見て「そう、こんなのが欲しかったんだー」なんて感じたりすることがありませんか?

知財は、難しいようで、あんがい身近なもの。

 

-- 「かんたん願書作成ソフト」について -----------------------------

 

いざ知財の権利を取ろう!と思ったら、

まずは、「かんたん願書作成ソフト」をダウンロードしましょう☆

これは、電子出願用書類の作成支援のためのソフトで、無料で使うことができます。

 

 

かんたん願書作成ソフト

 

 

このソフトを、パソコンにインストールしたら、

 

 

かんたん願書作成ソフト

 

 

開いてみましょう。

メニュー画面から、〔特許・意匠・実用新案・商標〕毎に、それぞれ管理画面が分岐しています。

 

 

かんたん願書作成ソフト

 

 

「特許」のボタンを押すと、次の画面は、こんな感じ。

「特許願、出願審査請求書、早期審査に関する事情説明書」などを種類別に複数件、ここで管理することができるようになっています。

ダブルクリックで、その書類が編集できるようになっています。

 

 

かんたん願書作成ソフト

 

 

「新規作成」ボタンを押して「特許願」の作成画面へ進むと、こんな感じ。

 

 

かんたん願書作成

 

 

下の画像では、既に内容が色々打ち込んであります。 自分で内容を打ち込んでいきます。

このソフト、使いやすい。 サクサク書類を作成できちゃう!

 

 

かんたん願書作成ソフト

 

 

フォーマットに則っていない箇所があると、即、赤マーク(エラー)を出して教えてくれる。親切。

下の画面では全て緑マーク(正常)になっているので、これは、「全部、フォーマットはあってるよー」という意味。

 

 

かんたん願書作成ソフト

 

 

書類を書き終えたら、必ず「保存」してから終了しましょう。

「メニュー画面」に戻って「HTML出力」ボタンを押すと、ソフトが自動で「かんたん願書作成」というフォルダ内にHTMLファイル形式で書類を書き出してくれます。

HTMLファイルをブラウザで開き、誤りがないかなど、よくチェックしましょう。

 

----------------------------------------------

 

下図のピンクの点線枠内は、「かんたん願書作成ソフト」を使って行えます

電子出願するには、オレンジの点線枠内の事前準備が必要です

青の点線枠内は、オレンジ点線枠内で事前に準備する「インターネット出願ソフト」を使って行えます

知財の出願は、この、「かんたん願書作成ソフト」と「インターネット出願ソフト」を組み合わせて使うことで、比較的、簡単にすることができます。

 

 

かんたん願書作成ソフト
【図】出願までの流れ

 

 

-- 事前準備について -----------------------------------

 

〇申請人利用登録 [事前準備]

特許庁では手続者に対し、識別番号(アラビア数字からなる9桁のコード)を付与しています。

出願するにあたって、手続者の識別番号の入力が必須となりますので、初めて特許庁へ手続される方は、事前準備の「申請人利用登録」をして、識別番号の付与を受けましょう。

一度付与してもらえば、同番号を、他の出願や手続きの際でもずっと使うことができます。

 

〇電子証明書 [事前準備]

「電子証明書」は、住基カードかマイナンバーカード(個人番号カード)でOK。

確定申告e-Taxを利用したことのある方なら既にお持ちかと思いますが、住基カードやマイナンバーカードをPCで読むのに「ICカードリーダー」が必要です。

用意しておきましょう。

 

 

 

〇ダウンロード・インストール [事前準備]

インターネット出願ソフトをインストールしましょう。

出願は、インターネットによるオンライン出願がお勧めです。

 

特許庁では、手続の効率的な処理を促進するため、すべての手続を電子化することを進めています。

そのため、各種手続を書面(紙)で提出した場合は、電子化するための手数料(電子化手数料)の納付が義務づけられています。

 

私は1度だけ、事情があって(住基カードが引っ越しにより無効になっていた(゚Д゚) 有効期限はまだ大分あったのに。因みに住基カードの再発行は、もう対応してくれず、マイナンバーカードを作るしかない。←2カ月くらい掛かる。注意!) 書面で出願したことがあるのですが、この「電子化手数料」って、結構高いです…

「1件につき1,200円に書面1枚につき700円を加えた額」ですから、例えば、

特許願 10 枚を書面で提出したときの電子化手数料は 1,200円+(700円×10 枚)=8,200円 となります。

バカにならない額なので、なるべく、オンライン出願をしたいですネ。

「かんたん願書作成ソフト」で書類を作れば、インターネット出願ソフトと連携しているので、オンライン出願することは比較的かんたんです♪

 

〇口座振替の申出書の提出 [事前準備](必要な場合)

「出願までの流れ」の図にはありませんが、口座振替の申出書を特許庁に提出しておくと、出願料など掛かる費用を、指定口座から自動で引き落としてもらえるので便利です。

申出書を提出してから3~4週間後に、「振替番号通知」が送付されます。

すぐには送付されてこないので、ご注意。 早めに準備しておくとよいかと思います。

振替番号は、出願書類の願書に、以下のように記入します。

 

(例)
【手数料の表示】
  【振替番号】   00040●●●

 

 

------------------------------------------------

-- 「インターネット出願ソフト」について ----------------------------

 

さあ、ここからはインターネット出願ソフトに関してです。

 

このソフトを、パソコンにインストールしたら、

 

 

インターネット出願ソフト

 

 

開いてみましょう。

 

 

出願ソフト証明

 

 

ここでPinは、「利用者証明用」は、役所で登録した4ケタの数字、「署名用」は、同じく役所で登録した英数混じりのパスワードです。(マイナンバー(個人番号)カードの場合)

パスワードは、一定回数以上間違えると、ロックされてしまい、役所に出向かないとロック解除してもらえないので、注意しましょう(-_-)

なお、Guestで起動すると、出願できないようです。

 

オンライン出願の仕方については、「インターネット出願ソフト操作マニュアル」の「操作編」が大変参考になり、なかでも特に、「オンライン出願の基本操作」のページあたりを開きながら進めていくとよいかと思います。

 

 

オンライン出願の基本操作

 

 

-- 注意点 ------------------

 

インターネット出願ソフトでHTMLファイルを送信ファイルに変換する処理をしたときに、イメージも変換される場合があります。

必ず、特許庁に送信する前に、「送信ファイル」フォルダ内の書類を印刷して、内容が意図どおりか確認してください。

表示ではイメージを縮小しているため、粗く見えますので、正確なイメージは、送信ファイルを印刷して確認しましょう。

PNG、GIF がモノクロ 2 値でない場合は、インターネット出願ソフトで警告され、モノクロ2値に変換されます。

必ず、送信ファイルを印刷して、イメージの出力結果に問題がないか確認してから出願してください。なるべくイメージの作成段階で、モノクロ 2 値にしてください。

BMP の場合、必ずモノクロ 2 値で保存してください。モノクロ 2 値でない場合は、インターネット出願ソフトでエラーになります。

 

送信ファイルをオンライン出願する時に、「オンライン出願」ボタンが押せない状態(無効)になっている場合は、「入力チェック結果表示」画面などが別ウィンドウで開いたままの状態になっているかと思いますので、別ウィンドウを閉じてください。その後、「オンライン出願」ボタンが押せるようになります。

(私も何度かこれをやってしまい、その度にあれ、なんで?と思ったので記しておきます。)

 

--------------------

 

オンライン出願をした後、受領書フォルダを確認して、受領書があるのを確認してください。

また、口座振替の場合は、口座から所定の費用が引き落とされているかどうかを確認してください。

これで出願は完了です!

 

----------------------------------------------

 

最初に、「知財は、難しいようで、あんがい身近なもの。」と書きました。

私もいくつか特許出願をしていますが、特許は早い者勝ちなので、いいアイディアが浮かんだら、出願だけは早めにしておいたほうが良いかと思います。

出願だけしておいて、審査請求をするかどうかは、3年ほどの猶予の間によく考えればよいのです。

出願しておけば、少なくとも、そのアイディアの実施を自身がすることができます。(審査請求をしなかったとしても。)

出願せずにいて他者に先に出願されてしまうと、自身が思いついたアイディアなのに、その後、一切実施できなくなってしまうこともあるのです。

これについては、先使用権制度を使う手もあるようですが、色々と条件があり、適用されないこともあります。

出願は、全て自分でやるのであれば、特許庁に支払う14,000円だけでできます。

 

 

私は、去年から、発明学会というところに入っています。 1年更新制の発明サークルのようなものです。

私がここに入ったきっかけは、たまたまネットで見つけた、「身近なヒント発明展」 に興味を持ったからです。

会員だと、非会員よりも安い費用で発明展に応募することができるのです。

 

身近なヒント発明展」は、年に1回開かれています(7/10に締められます)が、応募自体は通年可能。

昨年(2016年)は、1,353点もの応募があったそう。なかなか、盛り上がってますね~☆

そのうち、入選したものは、発明学会のビル内で10月に開催される展示会(身近なヒント発明展)に出展できます。

協賛企業も多く、昨年(2016年)は、入選101点のうち9点に商品化オファーがあったとか。

 

私も入選101名の中に選ばれて出展させていただきましたが、上位入賞Getならず(上位16名が賞金をGet!)、商品化オファーもGetならずでしたが、身近なヒント発明展で、たくさんの個人発明家さんと出会い、夢を語り合い、情報交換をすることもできて、楽しかった~♪ 次もまた、がんばるぞー。

 

みなさんも、いかがですか?

知財の世界にあたまを突っ込んでみませんか?(笑)

知財の世界は、面白いものです。

今は差別化の時代です。 他と差別化できる優れたアイディアをドンドン出していく時代です。

 

願書のオンライン出願は、上記のソフトを使うなどすれば、誰でも、比較的に簡単にできます。

でも、本当に難しいのは「そのもっと手前」、ですよね??

まず難しいのは、書類の文章そのもの書き方。 最初の一文字目から、どう書き出してよいか、全くわからないのが普通です。

そして、掛かってくる多額の費用ですね… どう工面すればよいか、これもわかりません…

私もそうでした。

 

書類の文章を書くには、私は、弁理士さんにお願いするのが、やはり1番いいと思っています。

権利というのは、取れればよいというのではなく取ったその先が大事で、狭い権利が取れたところで、すぐに類似品が出てきてしまい、ビジネスにならなくなってしまうかもしれません。

大企業は、審査請求では拒絶理由通知書がきてナンボ、と思っているところがあるらしく、広い範囲で出願しておいて、拒絶理由通知の後から、さぐりつつ権利範囲を狭めていくそう。

ギリギリまで自分の権利範囲を広く取ろうと、戦略的にやってくるわけですね。

個人発明家も、それくらいの気持ちで狙っていかないと、競争に勝てないかもしれません…

でも、どうやったら広い範囲で権利化することができるのか、全くわからないですよね?

私は、弁理士さんに出願を丸投げしたことも、無料の知財相談センターに通って相談をしながら自力で出願しようとしたこともありますが、やはり一番良いやり方だと現段階で思っているのは、信頼できる弁理士さんに、自分で書いた出願書類を赤ペンでがっつり添削してもらうことです。これは非常に勉強になり、次回の出願につながる力(次回の出願書類も自分で書く力)がつきます。

でも、これは特許の話。

意匠・商標については、(弁理士さんにお願いすればスピーディーかつ的確にやってくれるとは思いますが、)無料の知財相談センターに通って相談をしながら自力で出願することも難しくありません。

 

そして、お金は、創業補助金や小規模事業者持続化補助金などといった補助金制度を利用すれば、弁理士さんに支払う費用のうち2/3が補助されます。(特許庁に支払う費用は対象外。特許庁に支払う費用は、出願のみであれば14,000円。)

弁理士さんに支払う費用が1/3になるということです。

私も出願時に、これらの補助金制度を利用しました。

事業計画書を補助金事務局に提出し、審査をクリアすれば使うことができる補助金です。

年々、認知度が上がってきて倍率が高くなってきている補助金制度ですが、是非、チャレンジしてみましょう(^-^)

 

特許料・審査請求料の減免制度 というのもあります。

こちらは、特許庁に支払う費用の話で、出願のみであれば掛からない費用です。

私は、審査請求以降で、この 特許料・審査請求料の減免制度 を利用したので、特許庁に支払う特許料・審査請求料も1/3になりました。

こちらは、条件さえ合えば申請することで安くなりますので、ご自身が適用されるかどうか確認してみましょう(^-^)

 

最後に、私が実際に読んでみて良かった本を、貼っておきますね。(お勧め順というわけではありません。)

 

 

 

 

 


[お尻ダイエット]30秒でマイナス3センチ!?

114PV

健康と美容

下半身おデブな私。

年に1回くらいの頻度で危機感を感じ、年に1回くらいは何かしらにチャレンジしています(エステ・サプリ・セルフマッサージ・運動など)。

が、続きません… ぜんっぜん根気なし…

 

でも最近、youtubeで目にした、ある動画が気になって。

動画の中では、私がこれまでにまだ試したことのなかった運動が紹介されていたので、やってみました☆

そしたら、ほんとに即効性があって、お尻が小さくなって、驚いた(@0@)

 

1日2回、1週間続けてみたら、お尻のお肉がストーンと落ちて、ずいぶん小尻になりましたよ♪

自分で触って驚くぐらい、お尻のサイズが変わりました☆

 

 

 

 

私みたいな下半身おデブさん、この運動、是非やってみて~。

骨盤がキューっと締まる「効くー☆」感がある運動だから、やっていて気持ちがいい♪

筋力トレーニングじゃないから疲れないしね (*´∀゚) これなら続けられるかな??

 

 

慣れないうちは、この運動の体勢って、固くてちょっとキツいかもしれないけれど、「膝(ヒザ)」を痛めないないようにくれぐれも気を付けて。

意識を、後ろにしている側の足の方に持っていって、後ろにしている側の骨盤をキューっと絞めるようにすると、膝に負担が掛からないようにできると思います( ´∀`)b

 

 

 

お尻ダイエット運動
お尻ダイエット運動中の足

 

 

 

女性は、生理や出産などで骨盤の動きが激しい分、結果が出やすいんだそう。

(だから、女性はお尻がデカくなってしまいやすいのかー… 逆に言うと。)

 

 

 

骨盤の歪み
お尻を大きくする(><)ダメな例

 

 

 

そういえば私、これまで、こんな風に ↑ 足を組む癖があったんだけれど、これって動画で紹介されている運動と足の向きが逆ー。 足先が内側に入って内股になってるー。 (「お尻ダイエット運動」は、外股で行う運動。)

こんな風に何気なくやっていた普段の癖が、骨盤を広げてしまって、私を下半身おデブにしていたのねーー(T_T)

反省~。

これからも、この「お尻ダイエット運動」、続けようと思っています(^-^)v

 

 


今、ラーメンが甘い!

63PV

地域限定情報 - 関東 -

ショートケーキ味の焼きそば、抹茶味のシーフードヌードル 等、最近、斬新な新商品が次々に発売され、話題を呼んでいるカップ麺業界。

 

ここにきて、あのマルちゃんシリーズにも、驚きの新商品「マルちゃん 甘ーいきつねうどん」が期間限定で[2017年1月23日から全国]で発売するんだそう。

もちろん、おなじみの「赤いきつねうどん」がベースになっているんだそう。

この「甘ーいきつねうどん」で使われている麺や油揚げ等の具材は、「赤いきつねうどん」とほぼ同じで、違いはつゆの味付け。

メーカーによると「赤いきつねを甘めの味わいに仕上げた」とのこと。

おいしいのかな~? ピンクのパッケージが可愛らしいですね☆

 

 

 

バレンタインにいかが? マルちゃん「甘ーいきつねうどん」が期間限定で新発売!

 

 

 

おっと、

これじゃまだ物足りない人たちがいるようなので、ここで、私が3日前にビックリしたのをもう1つ☆

新宿駅で乗り換えようとコンコースを歩いていたら(新宿駅丸の内線西口改札~JR新宿駅西口改札間のコンコース)、ビックリして、私2度見したんですよ。

あの「赤いきつね」と「緑のたぬき」が、1個1,280円もの高値で、しかもショーケースで売られていたんですから!

 

 

赤いきつねケーキ

 

 

 

わたし、何事か!?と走りよって、そばでマジマジと見てやっと気が付いたんですけれど、コレ、ケーキだったんです☆

感激しちゃいました(@▽@) よく出来ているんですよー。

私、こういう遊び心あるの好き♪

 

 

 

赤いきつねケーキ

 

 

 

私がこんなに感激して、張り付いて「赤いきつね」や「緑のたぬき」を見ていたというのに、この「赤いきつね」や「緑のたぬき」の周りは意外にもガランとしていました。

こんなに平和なケーキの前を、足を止めることなく急ぎ足で行き交う人達を見て、「東京の人って、やっぱり違うなあ…」 なんて思ってしまった、田舎者の私でした。

まあ、多くの人たちにとって、ここは「いつもの道」なんでしょうね。 本当に、普通の通路にポンとあるお店でした。

 

隣りのショーケース(同店)の前では、3~4人くらいが列をなしていましたが、みんな、普通のケーキ(ショートケーキとかチョコレートケーキとか)を買っていました。

よく見たら108円くらいのお値段~あったので、ずいぶんお手頃だなぁーと思いました。

でも、お味はイイんでしょうね、並んでまで買う人がいるということは☆ 私も買って来ればよかったかナー。

 

 

傍に置いてあったチラシによれば、ここは井上商事株式会社さんがやっているお店のようで、店舗は、

 

・ 新宿メトロ店(新宿地下鉄ビルB2F メトロ食堂街内) ← 私が立ち寄った店舗

・ ヨドバシAkiba店(ヨドバシAkiba1F自由通路「ワイワイマルシェ」内)

 

があるようですよ。

 

嬉しいことに通販ショップもOPENしたようで、これからも目が離せない、面白いお店ですネ。

通販で色々ポチったら、楽しいパーティを開催できそう♪

 

 

SWEETS PARADISE
(スイーツパラダイス) 通販ショップ


http://www.sweets-paradise-shop.com/

 

 

 

 

 

 



ページの先頭へ