「在宅ワーク・起業」の記事一覧

自分でチャレンジ☆[国内優先権主張出願]特許

49PV

在宅ワーク・起業

特許出願を終えてフーッっと一息つき、「さて今度は生産体制を整えるべく頑張るぞ!」となった段階で、「改良のアイディアが浮かんだ!」または「構造や効果の書き落としがあった…」などと気づくことは、よくあるもの。

特許出願の明細書や図面、あるいは特許請求の範囲を補正したいところですが、ここで問題になるのは「新規事項を追加する補正は認められない」という、補正の制限です。

 

 

私は、自分で特許の出願を計5件したことがありますが、こういったこと(出願後に改良のアイディアが浮かぶ)は、2度ありました。

なんでしょう…(_ _)

「さあ、これから生産☆」というタイミングで、また出願の段階に戻ってきてあれこれ難しいことをするのは、とっても気が重いし…

「どうしてこんなこと、出願前に気付かなかったんだろう… もっとじっくりと時間をとって考えてから出願するべきだったかな…」

と自分を責めるような気持ちになったりも、するものです。

でも、それでもやっぱり大事な部分は確実に押さえておきたいですね。

先の出願が特許になる可能性を高めるためにも。

 

 

1度目に浮かんだ改良のアイディア

これは、先願とは異なる構造のものであったため(課題・効果は近いが)、新たに、(独立した)特許出願を1件しました。

 

 

そして2度目に浮かんだ改良のアイディア

これは、先願のアイディアに一手間を加えて作る、先願のアイディアを利用した構造のものであったため、今回、初めて「国内優先権主張出願」というものにチャレンジすることにしました。

気が重いとか「どうしてこんなこと、出願前に気付かなかったんだろう…」とか、いつまでも言っていたら前に進めませんからね!

 

 

先にした出願というのは、出願と同時に、他人の先願文献と同等のものとなるため、たとえ、それが自分自身の先願文献であったとしても関係なく、次に出願した改良発明が、自身の先願文献に邪魔されて、特許にならなくなる可能性があるのです。

ですから、自分の先の出願と比較して後の出願が新規性・進歩性のないものであったら、もう、新たに(独立した)特許出願をするのではダメで、すべきなのは「国内優先権主張出願」です。

 

 

「先の出願から1年以内であれば改良発明や技術などを補充する新たな特許出願をして、先の特許出願は取り下げたものとみなす。
特許庁における審査においては、国内優先権主張出願における発明のうち、先の出願時の明細書等に記載されていた部分の発明については、先の出願の日を基準に審査し、それ以外の部分については、国内優先権主張出願を行った日を基準に審査する。」

という、これが、「国内優先権主張出願」です。

発明家にとって、有り難い制度ですね♪

出願を一本化できれば、10万円以上かかる審査請求料が一回で済みますし、毎年掛かる特許料の削減になります。

 

 

先の出願に、必要な修正・追加を施し、明らかに不要な記載以外は削除しない、というのが基本的な国内優先権主張出願のやり方だそうです。

国内優先権主張の特許出願をするときは、改めて新しい特許出願をするつもりで、明細書、特許請求の範囲、図面、要約書を作成しなければなりません。

先の出願書類の援用はできません。

 

 

特許出願書類の作成要領は、通常の特許出願の場合とほぼ同じで、願書の形式が少し変わるだけです。

具体的には、【特許出願人】の欄の次に【先の特許出願に基づく優先権主張】の欄を設けて、【出願番号】と【出願日】を記載します。

電子出願サポートサイト→「申請書類の作成」→「特許出願:特許出願等に基づく優先権の主張出願(国内優先権)」が、書き方の参考になります。

 

 

なお、書類の作成をするのに便利な「かんたん願書作成ソフト」には、上述の【先の特許出願に基づく優先権主張】を書くフォームが付いていませんでした(><)

最初、「どうしよ~」と戸惑いましたが、とりあえず普通に特許出願の書類を作り、「HTML出力」ボタンを押して書き出したHTMファイルをメモ帳などで開いてから、【先の特許出願に基づく優先権主張】の欄を、手書きで追加するのが良いかと思います(^-^)

コレ、忘れたら普通の出願になってしまうので、忘れないようにくれぐれも注意です。

HTMファイルには<br>(HTMLタグ)が含まれているので、<br>も一緒に追加して下記の【例】のような状態にしてから、上書き保存をします。

これが出願時に使うファイルになります。

 

 

HTML修正
【例】HTMLファイルに追加が必要なのは黄色い部分。

 

 

「国内優先権主張出願」については、本で調べても、あまり長くページを割いて紹介されていない印象です。

全く触れていない本もありましたが、以下の2冊には少し載っていましたので、読んでみるとよいと思います。

 

 


3ページ程度あり

 


3ページ程度あり

 

 

「国内優先権主張出願」は、ややこしい説明が必要なものではないので、確かに、本で紹介するにしても3ページ程に収まるのだと思います。

ただ、実際には、自身の改良発明が本当に「国内優先権主張出願」をすべきものなのか? 独立した特許出願にすべきなのか? といったところが大事な点かと思いますので、お近くの知財支援センターの無料相談を利用するなどして、見解を聞くと良いのではないかと思います♪

 

 


自分でがんばる知財の出願〔特許〕

89PV

在宅ワーク・起業

知財(特許など)の出願は、自分ですることが出来ます。

あなたも、「こういうのがあったら便利なんじゃないかなー」と思うことがあったり、

お店で見つけた新商品を見て「そう、こんなのが欲しかったんだー」なんて感じたりすることがありませんか?

知財は、難しいようで、あんがい身近なもの。

 

-- 「かんたん願書作成ソフト」について -----------------------------

 

いざ知財の権利を取ろう!と思ったら、

まずは、「かんたん願書作成ソフト」をダウンロードしましょう☆

これは、電子出願用書類の作成支援のためのソフトで、無料で使うことができます。

 

 

かんたん願書作成ソフト

 

 

このソフトを、パソコンにインストールしたら、

 

 

かんたん願書作成ソフト

 

 

開いてみましょう。

メニュー画面から、〔特許・意匠・実用新案・商標〕毎に、それぞれ管理画面が分岐しています。

 

 

かんたん願書作成ソフト

 

 

「特許」のボタンを押すと、次の画面は、こんな感じ。

「特許願、出願審査請求書、早期審査に関する事情説明書」などを種類別に複数件、ここで管理することができるようになっています。

ダブルクリックで、その書類が編集できるようになっています。

 

 

かんたん願書作成ソフト

 

 

「新規作成」ボタンを押して「特許願」の作成画面へ進むと、こんな感じ。

 

 

かんたん願書作成

 

 

下の画像では、既に内容が色々打ち込んであります。 自分で内容を打ち込んでいきます。

このソフト、使いやすい。 サクサク書類を作成できちゃう!

 

 

かんたん願書作成ソフト

 

 

フォーマットに則っていない箇所があると、即、赤マーク(エラー)を出して教えてくれる。親切。

下の画面では全て緑マーク(正常)になっているので、これは、「全部、フォーマットはあってるよー」という意味。

 

 

かんたん願書作成ソフト

 

 

書類を書き終えたら、必ず「保存」してから終了しましょう。

「メニュー画面」に戻って「HTML出力」ボタンを押すと、ソフトが自動で「かんたん願書作成」というフォルダ内にHTMLファイル形式で書類を書き出してくれます。

HTMLファイルをブラウザで開き、誤りがないかなど、よくチェックしましょう。

 

----------------------------------------------

 

下図のピンクの点線枠内は、「かんたん願書作成ソフト」を使って行えます

電子出願するには、オレンジの点線枠内の事前準備が必要です

青の点線枠内は、オレンジ点線枠内で事前に準備する「インターネット出願ソフト」を使って行えます

知財の出願は、この、「かんたん願書作成ソフト」と「インターネット出願ソフト」を組み合わせて使うことで、比較的、簡単にすることができます。

 

 

かんたん願書作成ソフト
【図】出願までの流れ

 

 

-- 事前準備について -----------------------------------

 

〇申請人利用登録 [事前準備]

特許庁では手続者に対し、識別番号(アラビア数字からなる9桁のコード)を付与しています。

出願するにあたって、手続者の識別番号の入力が必須となりますので、初めて特許庁へ手続される方は、事前準備の「申請人利用登録」をして、識別番号の付与を受けましょう。

一度付与してもらえば、同番号を、他の出願や手続きの際でもずっと使うことができます。

 

〇電子証明書 [事前準備]

「電子証明書」は、住基カードかマイナンバーカード(個人番号カード)でOK。

確定申告e-Taxを利用したことのある方なら既にお持ちかと思いますが、住基カードやマイナンバーカードをPCで読むのに「ICカードリーダー」が必要です。

用意しておきましょう。

 

 

 

〇ダウンロード・インストール [事前準備]

インターネット出願ソフトをインストールしましょう。

出願は、インターネットによるオンライン出願がお勧めです。

 

特許庁では、手続の効率的な処理を促進するため、すべての手続を電子化することを進めています。

そのため、各種手続を書面(紙)で提出した場合は、電子化するための手数料(電子化手数料)の納付が義務づけられています。

 

私は1度だけ、事情があって(住基カードが引っ越しにより無効になっていた(゚Д゚) 有効期限はまだ大分あったのに。因みに住基カードの再発行は、もう対応してくれず、マイナンバーカードを作るしかない。←2カ月くらい掛かる。注意!) 書面で出願したことがあるのですが、この「電子化手数料」って、結構高いです…

「1件につき1,200円に書面1枚につき700円を加えた額」ですから、例えば、

特許願 10 枚を書面で提出したときの電子化手数料は 1,200円+(700円×10 枚)=8,200円 となります。

バカにならない額なので、なるべく、オンライン出願をしたいですネ。

「かんたん願書作成ソフト」で書類を作れば、インターネット出願ソフトと連携しているので、オンライン出願することは比較的かんたんです♪

 

〇口座振替の申出書の提出 [事前準備](必要な場合)

「出願までの流れ」の図にはありませんが、口座振替の申出書を特許庁に提出しておくと、出願料など掛かる費用を、指定口座から自動で引き落としてもらえるので便利です。

申出書を提出してから3~4週間後に、「振替番号通知」が送付されます。

すぐには送付されてこないので、ご注意。 早めに準備しておくとよいかと思います。

振替番号は、出願書類の願書に、以下のように記入します。

 

(例)
【手数料の表示】
  【振替番号】   00040●●●

 

 

------------------------------------------------

-- 「インターネット出願ソフト」について ----------------------------

 

さあ、ここからはインターネット出願ソフトに関してです。

 

このソフトを、パソコンにインストールしたら、

 

 

インターネット出願ソフト

 

 

開いてみましょう。

 

 

出願ソフト証明

 

 

ここでPinは、「利用者証明用」は、役所で登録した4ケタの数字、「署名用」は、同じく役所で登録した英数混じりのパスワードです。(マイナンバー(個人番号)カードの場合)

パスワードは、一定回数以上間違えると、ロックされてしまい、役所に出向かないとロック解除してもらえないので、注意しましょう(-_-)

なお、Guestで起動すると、出願できないようです。

 

オンライン出願の仕方については、「インターネット出願ソフト操作マニュアル」の「操作編」が大変参考になり、なかでも特に、「オンライン出願の基本操作」のページあたりを開きながら進めていくとよいかと思います。

 

 

オンライン出願の基本操作

 

 

-- 注意点 ------------------

 

インターネット出願ソフトでHTMLファイルを送信ファイルに変換する処理をしたときに、イメージも変換される場合があります。

必ず、特許庁に送信する前に、「送信ファイル」フォルダ内の書類を印刷して、内容が意図どおりか確認してください。

表示ではイメージを縮小しているため、粗く見えますので、正確なイメージは、送信ファイルを印刷して確認しましょう。

PNG、GIF がモノクロ 2 値でない場合は、インターネット出願ソフトで警告され、モノクロ2値に変換されます。

必ず、送信ファイルを印刷して、イメージの出力結果に問題がないか確認してから出願してください。なるべくイメージの作成段階で、モノクロ 2 値にしてください。

BMP の場合、必ずモノクロ 2 値で保存してください。モノクロ 2 値でない場合は、インターネット出願ソフトでエラーになります。

 

送信ファイルをオンライン出願する時に、「オンライン出願」ボタンが押せない状態(無効)になっている場合は、「入力チェック結果表示」画面などが別ウィンドウで開いたままの状態になっているかと思いますので、別ウィンドウを閉じてください。その後、「オンライン出願」ボタンが押せるようになります。

(私も何度かこれをやってしまい、その度にあれ、なんで?と思ったので記しておきます。)

 

--------------------

 

オンライン出願をした後、受領書フォルダを確認して、受領書があるのを確認してください。

また、口座振替の場合は、口座から所定の費用が引き落とされているかどうかを確認してください。

これで出願は完了です!

 

----------------------------------------------

 

最初に、「知財は、難しいようで、あんがい身近なもの。」と書きました。

私もいくつか特許出願をしていますが、特許は早い者勝ちなので、いいアイディアが浮かんだら、出願だけは早めにしておいたほうが良いかと思います。

出願だけしておいて、審査請求をするかどうかは、3年ほどの猶予の間によく考えればよいのです。

出願しておけば、少なくとも、そのアイディアの実施を自身がすることができます。(審査請求をしなかったとしても。)

出願せずにいて他者に先に出願されてしまうと、自身が思いついたアイディアなのに、その後、一切実施できなくなってしまうこともあるのです。

これについては、先使用権制度を使う手もあるようですが、色々と条件があり、適用されないこともあります。

出願は、全て自分でやるのであれば、特許庁に支払う14,000円だけでできます。

 

 

私は、去年から、発明学会というところに入っています。 1年更新制の発明サークルのようなものです。

私がここに入ったきっかけは、たまたまネットで見つけた、「身近なヒント発明展」 に興味を持ったからです。

会員だと、非会員よりも安い費用で発明展に応募することができるのです。

 

身近なヒント発明展」は、年に1回開かれています(7/10に締められます)が、応募自体は通年可能。

昨年(2016年)は、1,353点もの応募があったそう。なかなか、盛り上がってますね~☆

そのうち、入選したものは、発明学会のビル内で10月に開催される展示会(身近なヒント発明展)に出展できます。

協賛企業も多く、昨年(2016年)は、入選101点のうち9点に商品化オファーがあったとか。

 

私も入選101名の中に選ばれて出展させていただきましたが、上位入賞Getならず(上位16名が賞金をGet!)、商品化オファーもGetならずでしたが、身近なヒント発明展で、たくさんの個人発明家さんと出会い、夢を語り合い、情報交換をすることもできて、楽しかった~♪ 次もまた、がんばるぞー。

 

みなさんも、いかがですか?

知財の世界にあたまを突っ込んでみませんか?(笑)

知財の世界は、面白いものです。

今は差別化の時代です。 他と差別化できる優れたアイディアをドンドン出していく時代です。

 

願書のオンライン出願は、上記のソフトを使うなどすれば、誰でも、比較的に簡単にできます。

でも、本当に難しいのは「そのもっと手前」、ですよね??

まず難しいのは、書類の文章そのもの書き方。 最初の一文字目から、どう書き出してよいか、全くわからないのが普通です。

そして、掛かってくる多額の費用ですね… どう工面すればよいか、これもわかりません…

私もそうでした。

 

書類の文章を書くには、私は、弁理士さんにお願いするのが、やはり1番いいと思っています。

権利というのは、取れればよいというのではなく取ったその先が大事で、狭い権利が取れたところで、すぐに類似品が出てきてしまい、ビジネスにならなくなってしまうかもしれません。

大企業は、審査請求では拒絶理由通知書がきてナンボ、と思っているところがあるらしく、広い範囲で出願しておいて、拒絶理由通知の後から、さぐりつつ権利範囲を狭めていくそう。

ギリギリまで自分の権利範囲を広く取ろうと、戦略的にやってくるわけですね。

個人発明家も、それくらいの気持ちで狙っていかないと、競争に勝てないかもしれません…

でも、どうやったら広い範囲で権利化することができるのか、全くわからないですよね?

私は、弁理士さんに出願を丸投げしたことも、無料の知財相談センターに通って相談をしながら自力で出願しようとしたこともありますが、やはり一番良いやり方だと現段階で思っているのは、信頼できる弁理士さんに、自分で書いた出願書類を赤ペンでがっつり添削してもらうことです。これは非常に勉強になり、次回の出願につながる力(次回の出願書類も自分で書く力)がつきます。

でも、これは特許の話。

意匠・商標については、(弁理士さんにお願いすればスピーディーかつ的確にやってくれるとは思いますが、)無料の知財相談センターに通って相談をしながら自力で出願することも難しくありません。

 

そして、お金は、創業補助金や小規模事業者持続化補助金などといった補助金制度を利用すれば、弁理士さんに支払う費用のうち2/3が補助されます。(特許庁に支払う費用は対象外。特許庁に支払う費用は、出願のみであれば14,000円。)

弁理士さんに支払う費用が1/3になるということです。

私も出願時に、これらの補助金制度を利用しました。

事業計画書を補助金事務局に提出し、審査をクリアすれば使うことができる補助金です。

年々、認知度が上がってきて倍率が高くなってきている補助金制度ですが、是非、チャレンジしてみましょう(^-^)

 

特許料・審査請求料の減免制度 というのもあります。

こちらは、特許庁に支払う費用の話で、出願のみであれば掛からない費用です。

私は、審査請求以降で、この 特許料・審査請求料の減免制度 を利用したので、特許庁に支払う特許料・審査請求料も1/3になりました。

こちらは、条件さえ合えば申請することで安くなりますので、ご自身が適用されるかどうか確認してみましょう(^-^)

 

最後に、私が実際に読んでみて良かった本を、貼っておきますね。(お勧め順というわけではありません。)

 

 

 

 

 


魔の川・死の谷・ダーウィンの海 ← 何のこと?(′ェ`)

45PV

在宅ワーク・起業

「新しいポケットバッグ」の事業を始めよう☆ と思いたった時から、いくつかの扉を開けてきました。

 

扉が開いた時には、「よし、スタートラインに立てた!」と、ちょっと開けたような気分になったりもしました。

特に、「一番最初の扉」が開いた時の気分といったらもう、そのまま一気にゴールまで行ける!と思うほどでした。(浅い…)

 

でも、しばらく進んでいくと深い霧が… そして高い壁があって… 真っ暗な中、「開くところはどこ?」と、手探りでの扉探し。そして扉が開いた時、「よし、スタートラインに立てた!」と、また開けたような気分に。

 

でも、しばらく進んでいくとまた深い霧…

またじゃないか…

扉を何度か開けるうちに、私は、

「あれ、またスタートラインじゃないか… スタートラインに立つの何度目だったかな…」

だんだん、スタートラインが何本もあるような? そして、どこまで続くかもわからないような? ちょっと変な感覚になったりもしました。

ここに来るまでに、私には、たくさんのクリアしなければならない壁があったのです。

 

今日、たまたま、直近で開催されるセミナーの案内文を見ていたら、下のような文章があったのですが、文に含まれる聞きなれないワードに、私、ちょっとビックリ(@_@)

 

「研究シーズを製品化するまでの「死の谷」や製品化から事業化までの「ダーウィンの海」を乗り切る ~ (続く) ~」

 

「死の谷」? 「ダーウィンの海」?

死って… 何ごと??

意味がわからず、google検索… カタカタカタ (′ェ`)

 

そして、こういう事だということがわかりました!

 

---------------------------------

「魔の川」 とは

一つの研究開発プロジェクトが基礎的な研究から出発して、製品化を目指す開発段階へと進めるかどうかの関門。

この関門を乗り越えられずに、単に研究で終わって終結を迎えるプロジェクトも多い。

 

「死の谷」 とは

開発段階へと進んだプロジェクトが、事業化段階へ進めるかどうかの関門。

事業化するということは、それまでの開発段階と比べて資源投入の規模は一ケタ以上大きくなることが多い。

たとえば、生産ライ ンの確保や流通チャネルの用意である。だから、死の谷は深いのが当然である。

 

「ダーウィンの海」 とは

事業化されて市場に出された製品やサービスが、他企業との競争や真の顧客の受容という荒波にもまれる関門。

ここで、事業化したプロジェクトの企業と しての成否が具体的に決まる。

---------------------------------

 

これらは、イノベーション経営を阻む三つの関門なのだそうです。

私は、これを知って、ストーンとなにか腑に落ちた気がしました。

私が扉を開けると引いてあった、「スタートライン」のこと。

ちょっと頭が整理されたような気がしました。

大きくは、この3つだそうです。扉(関門)は。

それにしても、重たいネーミングだなあ…

命がけで臨めよ!といった感じ。

関門突破には、覚悟が必要そうですね。こわいこわい。

 

今抱えている問題を整理しなおしてみよう!とあらためて思いました。

先は長そうだが、頑張って進んでいこう☆ (^-^)

 



ページの先頭へ