「私見(子育て関連)」の記事一覧

いただきます

62PV

私見(子育て関連)

食事前の 「いただきます」 という言葉、これは誰に向けての言葉でしょうか?

「いただきます」 は、感謝の言葉。

食べ物を調理をしてくれた人や、食べ物を育ててくれた人、に向けての場合もあります。

食べ物そのもの、に向けての場合もあります。

宗教によっても違うかもしれません。

 

先日、こんなことがありました。

友人家族と魚釣りに行ったのですが、ニジマスが2匹釣れました

友人家族も2匹。うちも2匹。

釣り堀の人に内蔵・エラを取ってもらって、氷を入れて家に持って帰りました。

 

帰りの車の中で、「夕ごはん何にする?」 という話になったときに

「ニジマスがあるから、あとは◯◯を買って~」 と夫婦で話していると、

「ニジマス、食べるの!?」 と7才のSORAが話に割りいってきました。

「食べるよ。 もう死んじゃったから、飼えないんだよ。」 と話しましたが、

「ひどい!かわいそう! 生き物を食べるなんてひどすぎる! あんなにかわいいのに。 僕は絶対に食べない!」

と納得しない様子でした。

でも、SORAは、普段から、スーパーで買ってきた刺し身や焼き魚、豚肉、鶏肉、なんでも食べているんです...

 

「スーパーで買う魚や肉だって、おんなじなんだよ。あれだって命でしょ。

人間は生きるために食べないといけないんだよ。

必要以上に殺したりはしないけど、 食べる分だけ殺して、「ありがとう」 って命に感謝しながら食べるんだよ。」

 

だいぶ説明しましたが、

生きている状態のニジマスを見ていて、ノドに引っかかっている針を外すときも、

「痛そう。かわいそう...」

とずっと見ていたSORAには、簡単に受け入れられなかったみたいです。

 

夕ごはんの時、

「うまい!SORAも食べてみ。」 と、ビール片手に嬉しそうにニジマスを食べている主人に、

「うまいって言うな!!」 と目に涙をいっぱいためながら怒る SORA。

 

そう、すっかり忘れていたんだけれど、

空の 「うまいって言うな!」 で、私、自分の子供の頃のことが思い出されて…

私自身も子供の頃、家族でニジマスを釣りに行って、食べるときに 「かわいそう、かわいそう」 と泣いていたという話を、父から聞いたことがありました。

でも結局、私はニジマスを食べたそうです。 そして、「美味しい」 と言ったそうです。

自分の中にもボンヤリとその記憶はあって、そのボンヤリが頭に浮かんだ瞬間、

「もういいよ、食べなくていいよ。お母さんも、そういえば同じだったよ。」

と、SORAの肩を抱き寄せました。 私も、泣きそうになっていました。

結局、SORAは、刺し身のマグロは美味しそうに食べていましたが、ニジマスに手を付けることはありませんでした。

 

SORAが釣りに行ったのは、今回が初めてではありませんでした。

1年くらい前に別の釣り堀で、釣っては逃して、というのをやったことがありました。

そこは、リリースすることが前提の釣り堀だったので、他の釣り人もみんなリリースしていました。

そのときの釣りは、今思えば、 「命がどうこう」 と考える機会にはならなかったんですね。

「殺して食べる」

今回、SORAは、生まれて初めてそれを経験したのです。

 

スーパーで、きれいにパック詰めされたものを買ってきて食べている日常では、

「命をいただいている」 ことを、つい忘れがちになってしまいます。 私たち大人でも。

子供は、なおさらです。

「命をいただいている」ことを、知ることすら、実感することすら、難しいと思います。

でも現実に、毎日たくさんの生き物を人間は殺しているのです。

もっと言えば、野菜だって命ですからね。 殺しているのです。

 

毎日、スーパーで買ってきた魚、豚肉、鶏肉、牛肉、なんでも食べるSORAですから、

ニジマスを口にする日も、そう遠くないと思います。

生きている状態で見た、あの可愛いニジマスのお顔も、いつの間にか忘れてしまうかもしれません。

でも、私はそれでもいいんだと思います。

いつか 「うまい!」 と食べるようになったときに、その命に感謝する。

それが大事なんじゃないかな。

「命と、きちんと向き合う」 ということ。

「かわいそう」 と思う気持ち、それはきっと、命をいただくことの重みを感じる気持ちと 「一体」 なんだと思います。

SORA、その優しい気持ち、「かわいそう」 から 「ありがとう。いただきます。」 に変えて、ずっと持ち続けてほしいな。

 

今回は、スーパーに並んだものだけを食べているとなかなか気づけない、良い経験をSORAにさせることができたと思います。

元々、命の大切さをどうこうとか教えるつもりでなく、もっと軽い気持ちで魚釣りに連れて行ったのですが、

SORAの 「殺して食べる」 ことへの強い抵抗を見て、

私自身にとっても、「命をいただきながら日々、生きている」 ことを再認識する機会になりました。

そして、「自分も子供の頃、魚釣りをとおして命について考える機会を、親からもらっていたんだ」

ということに、気づくことにもなりました。

 

話は変わりますが、

私は、小学校で本の読み聞かせのボランティアをやっていて、その仲間から

「この本、いいよ~」

と勧められた本があります。

「いわしくん(著者:菅原 たくや)」 という絵本なのですが、私も、読んでみて、良い本だと感じました。

 

忙しくて魚釣りなどに連れていけない人も多いと思いますが、こういう絵本をお子さんに読んであげるだけでも、

「命」 について一緒に考えるきっかけになるんじゃないかな、と思いました。

 

 

 

 

SORAに、「死んじゃったニジマスを食べないでどうするの?捨てるの?」 と聞いた時に、

「飾り物にする」

という言葉が返ってきたので、

「飾り物にされるより、食べてもらった方が、ニジマスは嬉しいと思うよ。

あの釣り堀に入れられたニジマスは市場から仕入れられてきた魚で、

もし、うちがリリースしたとしても、明日他の誰かに釣られて食べられちゃう運命だったんだよ。

食べてあげたら、あのニジマスは、SORAの中で肉や血になってずっと生き続けるんだけど、

飾り物にされたら、あのニジマスは、自分は何のために殺されたの?って悲しくなるかもしれないよ。」

と話したんです。

その時に、私の頭のなかには、この 「いわしくん」 の本がイメージとしてあったんですが、

SORAは私の話に 「確かに」 とうなづきました。

チョットだけかもしれませんが、「食べる」 ことへの抵抗がとれたのかな、という風に見受けられました。

「飾り物にする」 という言葉は、その後、聞いていません。

 

「いわしくん」、詳しい内容まではご紹介しませんが、そういうこと (肉や血になって食べた人の体の中でずっと生き続ける) を伝えられる本です。

ぜひ(^-^)

こういう考え方(肉や血になって生き続ける) って、「それも人間のエゴなんじゃない?」 って思う人もいると思うんです。

でも私、「もし自分がイワシだったら」 って考えてみて…

自分だったら、やっぱり、 殺される運命なら 「食べてもらいたい」 って素直に思ったんです。

だから、良い本だと思いました。

私も、SORAにまだ読んであげてないんですが、機会があれば、読んであげようと思っています。

 

 

魚釣り

 

 


[紙オムツ]持ってれば安心♪オムツが外れても、残しておこう☆

47PV

私見(子育て関連)

オムツ... 家の中で非常にカサバル存在なだけに、外れると直ちに、余った分を 「どっかへやりたい」 と思ったりするかもしれませんが、

(小さい子のいるお家にあげちゃおーかなーとか) ちょっと待ったー!

しばらくは手元に残しておいた方が良いかもしれませんよ (^・^)

 

お友達の家へお泊りしに行く時にも、夜のおねしょが心配なら、コソッと ‘夜だけオムツ’ っていう手も。

よその家の布団となれば、用心に越したことはない... オムツが安心!

 

また、

胃腸炎とか冷たいものの食べ過ぎで、お腹がピーピーになってしまうのは、

オムツがはずれたところで、誰にでもあること。

そんな時の、‘念のためオムツ’ は、子供にとってもママにとっても安心ですね。

失敗しそうな時のためのお守りに、持っていたいね、やっぱりオムツ!

 

オムツは、いくつか手元に残してあると、何かのときに安心 (^。^)/

多少キツくなっても、お腹周りと足周りにちょこっとハサミを入れれば、まだ使える!
(ケチくさいですけど)

ビッグより大きいサイズのオムツっていうのもあるみたいです。

25kgの子でもまだ使える!(@0@)

 

カサバル存在ではあるけれど... 暫くはおそばに(^・^)

うちも、取っておいてよかったわ。

そう思ったので、書きました。

 

 

bigomutu

ビッグより大きいサイズのオムツ

 

 


誰かの[辛] を[幸]に変えるのに必要な勇気

44PV

私見(子育て関連)

Facebookで 「母親を失い心を閉ざした少年を救った先生」 というタイトルの動画へのリンクがありました。

動画を見て、この先生、素晴らしいなと思いました。動画はもちろん再現ですが、実話だそうです。

 

 

「母親を失い心を閉ざした少年を救った先生」
https://www.youtube.com/watch?v=Wo1mMML1MOE

動画

 

 

実はちょうど同じ日に、Facebookで  「ゴルゴ松本が少年院で行った漢字の授業」 という動画へのリンクがあり、そちらを先に見ていたので、両方の動画の内容が自分の中でリンクしたんですが、「あぁーまさに、先生の一助がこの子の [辛] を [幸] に変えたんだなー」と思いました。

 

[辛] と [幸]は、ほんとうに不思議なほど形が似ています。違うところは、横線ひとつですね。

[幸]でも、何かひとつ欠けただけで、ガタガタと崩れるように、そして何もかもが終わってしまったかのように、[辛] になってしまったり、逆に、誰かの小さな一助によって、他の誰かの[辛]が、パッとひらけたように[幸]に変わったりすることもあるんだと思います。小さな一助、横線ひとつで。

 

もし目の前に何らかの [辛] を抱えた子がいたとして、手を差し伸べてあげようかどうしようか、ちょっと迷う…

今、手を差し伸べることはできるかもしれないけれど、ずっと面倒を見続けることはできないんだから、自分が中途半端に手を差し伸べるべきではないんじゃないか、なんて考えてしまうかもしれない。

その子の中に潜む、あまりに大きな闇を前にして、「そんなに簡単に解決する問題ではない」と、ハナから諦めてしまうかもしれない。

手を差し伸べることで、自分自身が周りからどう思われるか? 自分自身が被害を被ることになったりしないか? 保身も考えるかもしれない。

「なにも自分がしなくても、他の誰かが…」と、都合のよい逃げ道を自分で作ってしまったりとか…

 

でも、もし通りすがりだったとしても、この動画の先生のように「クラスで1年しかもたない子」だったとしても、誰かがその子のために手を差し伸べてあげたとしたら、もしかするとその子は、その小さな一助を希望と支えにしながら、その先の人生、前を向いて歩いていけるかもしれない。

与えられることに慣れている人にとっては、横線ひとつくらい貰ったところで、「何てことない」ものなのかもしれないけれど、そうでない人にとっては、その横線ひとつが、涙が溢れるほど嬉しかったり、運命を変えるきっかけになったり、するかもしれない。

自分の感覚で考えるのではなくて、あくまでその子の立場になって、今自分が迷っている一助の重みを考えてみたら、もしかすると、その意義に気づけるかもしれない。

 

家庭内での虐待や学校内での苛めが問題になっていますが、最悪の事態になってから、

「虐待されていることには(苛められていることには)、気づいていた」

などと周囲の人達が口にするのを、TVなどで目にすると、

「どうして、誰もあの子を助けられなかったんだろう…」

と悲しく思います。

見て見ぬふり…

自分の一助がその子にとって大きな助けになるかもしれないと、誰も思わなかったのか…

「無視」もひとつの苛めの形。

子どもの心から希望を奪う。

 

誰かの[辛] を[幸]に変えることは、そうそうできることではないのかもしれませんが、

(助けるのには勇気が要るし、それに、全ての助けが必ずその子を[幸]に変えるとは限らないから)

こういう動画のようなことも実際にあるんだな、素晴らしいな、と思い、涙ながらに見ました。

自分もなにかの時、手を差し伸べてあげられるようでありたい。

こういうことは、言うのは簡単でも、実はその場になると、思いのほか勇気が必要だったりするのかもしれないけれど。

 

因みに、 「ゴルゴ松本が少年院で行った漢字の授業」 の方も、涙ながらに最後まで見ました。

1日でyoutubeでどんだけ泣くんじゃ。

いい動画です☆

 

※ ゴルゴ松本さんの動画は、現在、削除されています。残念ですが、著作権の問題みたい。機会があれば、どこかでご覧になってみてくださいネ。

 



ページの先頭へ