「ハンドメイド(手作り)」の記事一覧

「ポケットバッグ」 第3ステップ、ようやくスタートラインに☆ [ハンドメイド]

47PV

ハンドメイド(手作り)

かれこれ1年半ほど懐で温めてきた 「新しいポケットバッグ」 なんですが 、資金調達の目処がたち、ようやく事業として動き出せることとなりました~ (´ω`) / パチパチパチ~☆

知的財産権の絡んだリスクの高い事業ですが、どうしても諦めることのできなかったものなので、嬉しく思います。

 

ブログでも、起業の一例として、なにか面白い話を発信していけたらと思っています☆

起業を考えている人にとって参考になる記事を書いていけたら。

反面教師にはならないように、頑張ります( ^^;)

共栄生活の目指すところは、

 

【第1ステップ】 アフィリエイトで、報酬を得る
【第2ステップ】 ネットショップで、商品を売る
【第3ステップ】 ネットショップで、ハンドメイド商品(子育てに役立つ品など)を売る

 

です。

【第1ステップ・第2ステップ】は既にはじめているんですが、【第3ステップ】 を、今回ようやく始めるわけです。
最終ステップじゃないですか~!!(゚ロ゚屮)屮

。。。と思ったんですが、実は密かに 【第4ステップ】 も自分の中には既にあって、漠然としていて計画もたっていないんですが、何か、動物救済の一助となることをしていけたらと考えています。
4番目のステップではありますが、本当のところ、20代前半から 「いつかやりたい」 と考えていたことなんです。
自分に何ができるのか、どうやったらできるのか、どこまでできるのか、などまだ分からないことだらけですが、少しずつ、妄想を始めていきたいところであります。。。

さて、【第1ステップ・第2ステップ】ですが、「始めたものの」 といった現状ではありますが、これから【第3ステップ】 が、また 【第1ステップ・第2ステップ】 の刺激になれば、といった感じです。
子供と自分の共栄(家庭と仕事の共栄)もそうですが、事業の各ステップ自体も共栄できるような仕組みを作っていけたらいいなと思うんです。
正のスパイラルを作っていけたらと。

ということで、これからも 「共栄生活 with children」 をよろしくお願いします (^^)♪

 

 


【布用のり】 【布用ボンド】【マイクロステッチ】 しつけ不要で楽チン手芸♪

457PV

ハンドメイド(手作り)

裁縫をしているとき、ちょっと固定したいのだが「まち針」では難しい ところってありませんか?

例えば、生地に、小さい部品をつける場合など。

まち針だと、グニュッと生地を曲げないと固定できないので、小さい部品だとズレちゃうんですよね…

 

ホチキスのようにガシャっと留められる器械 があったらなぁ~と思い、ネットで探しました。

すると、「布に使えるホチキスのようなもの」を探している記事が、2件くらいみつかりました。

記事を読んでいくと、 Ami(アミー)というハンドミシンがある ということで、早速、楽天で検索してみました。

ところが、評価(レビュー)が思わしくなかったので、どうしても買う気になれず( ´△`)

 

もう少し探していくと、こんな商品を発見、 「布用のり」!

評価も問題なし。試しに買ってみる!

 

 

 

 

 

下の画像、1番左は紙用のり(大きさ比較のため)
布用の「スティックのり・ペンタイプのり・ペンタイプの詰替え用」

 

 

生地のり

 

 

そして使ってみる!

 

 

生地のり
布の上部にのりを付ける。「のり」の色はブルー、乾くと透明になる。

 

 

貼り合わせる。
すぐに着いて、振ったくらいでは取れない!

 

 

生地のり

 

 

はがすのはペリペリっと簡単♪

 

 

生地のり

 

 

 

布と布を貼り合わせてみると、ペタッとくっつきます。

貼った瞬間にペッタリくっつき、生地を持ち上げて振ったくらいでは、取れません(^^)

それでいて、はがす時には、ぺりぺりッと割りと簡単にはがれてくれます。

 

のりを塗ったところも布の針通りは変わらず、スムーズに縫うことができます。

洗濯をすると、のり成分は無くなるそうです。

ボンドのように 接着に時間がかかることなく、 接着面がシミになることなく、 接着面が硬くなることなく、とっても使いやすかったです♪

当初探していた、裁縫用のホチキスとはかけ離れたものですが、十分に用途を果たしてくれるシロモノでありました。 お勧め☆

 

 

(追記: 2013/05/28)

ノリではなく、ボンドのように接着したら洗っても取れない!ものを探している方は、こちら☆

 

 

 

 

こちらも使ってみましたが、もう手放せません、便利!

100円ショップの「洗濯可の布用ボンド」と比較してみましたが、強度が全然違うので、こちらがお勧め。

歯磨き粉のチューブのようで、とても使いやすい。細口ノズルで塗りやすい☆

中身は無色透明。 そして、ボンドにしては珍しくいい香り♪

 

あと、ノリでもボンドでもありませんが、マイクロステッチという「道具」も便利です。

パッチワークの時に使う道具らしいです。

どんな道具か、イメージしにくいかもしれませんが、新しい靴下をお店で買った時、両靴下を留めているプラスチックのパーツがありますよね?

エ ← こんな形の。

これのちっちゃい版のパーツを自分で打てる道具です。

 

パッチワーク用なので、薄い生地を留めた時には、ずれちゃってあまり意味がなかったり、

目の詰まった生地に使うと、針穴がポコっとあいて後から目立ってしまったり、少し弱点はあります。

でも、カシャッとホチキスみたく手軽に使えるので、持っていると便利な道具です☆

 

 

 

 


『ソックモンキー』

55PV

ハンドメイド(手作り)

SORAの為に、ソックモンキーを作ってあげました。
ソックモンキーは、ソックス(靴下)で作った、手作りのサルさんです。

ソックモンキーは、よく出来たサルさんですヨ
靴下のカカト部分が、ちょうどサルさんのお尻になるため、どのサルもお座り上手なんです。
もう片方のカカト部分は、お口になります。 中に綿を詰めると、ふっくら可愛らしいお口になります。
靴下1組を使って、ほとんどゴミも出さずに1体のサルさんを作ることができます
100円ショップの靴下でも、十分カワイクできます。

私がソックモンキーを作るのは、2個目です。

1個目は真っ赤なサルをつくったのですが、ヤンキーっぽく可愛さに欠けたため、リベンジ★です。

最初の靴下選びって、すごく大事ですヨ~。
1個目の時には、真っ赤なサル(しかも、銀のラメ入り)を形づくり、あとから目・鼻の色やボタンの形、それから位置を工夫して、なんとか可愛く見せようとしましたが、どう頑張っても、ヤンキー猿でした (-_-)

私も、カラースクールで「色」について勉強したことがありますが、色ってすごく印象を左右するんですよね(^^)

SORAが、ピンク色でスカートを履いたサルの見本を指して「こんなのがイイ」 と言うので、今回は、ピンクので作ってみました(*^^*)
素材はアンゴラで、優しい感じの生地です。

1個目の時にはチクチクと全部手縫いで作りましたが、2個目は、出来るところは全部、ミシンを使って作りました。
ミシンだと早いし、丈夫に出来ますヨ!

この「短足」さがたまらないでしょ~?
鼻をつけたから、ちょいネズミっぽい??
靴下で出来たサル

このサルは、ずいぶんな「短足」さんですが、長い靴下を使うことで、足長サルさんだってつくることができますよ
お好みで

あと、1個目を作ってみて思ったのですが、「口」を刺繍糸などで縫って作る場合、チャコペン(水で消えるような)などで1度、靴下に印をつけてから縫ったほうがいいカモ。
人間でも口元って、曲がっていると、どこか「スネた」あるいは「ニヒル」な印象になるかもしれませんが ^^; 、モンキーも同じ。
左右対称の方が、きっとかわいいんじゃないかな~?と私は思います。

【ソックモンキーの作り方 (印刷用PDFデータあり)】

こちらをクリック☆こちらをクリック☆

【ソックモンキーの「キット」なんていうのもアリ】

こちらをクリック☆こちらをクリック☆

【ソックモンキー オンパレード♪ (Google画像検索結果)】

こちらをクリック☆こちらをクリック☆

<オマケ>
ソックモンキー 赤

[個別ページへ]



ページの先頭へ