「あれもこれも カスタマ~イズ」の記事一覧

傘でリユース♪ 【雨の日対策】自転車に☆リュックに☆便利グッズ

86PV

あれもこれも カスタマ~イズ

フリーマーケットのようなところで見つけた、手作りの雨の日の自転車カゴカバー

それを見た時、「これ、リュックにつけるのにも使える!」と思いました。
それは、傘の骨をはずした布でつくられていました。

そういえば、うちにも骨が折れてしまった残念~な傘が眠っているので、それを使って、真似して作ってみることにしました。

柄が気に入って買った傘だとなおさら、骨が折れたくらいで捨てなけらばならないのは忍びないですよね…

再利用再利用♪

 

以下に作り方を載せます。

結構、簡単にできると思います。

ただし、傘の周り一周分縫うわけなので、縫う「距離」はあります。

注意が必要なのは、傘の骨をはずすときに、生地をハサミで切らないように気をつけること!

 

 

kiji.jpg
骨をはずした状態の布

 

 

傘に必ず付いている「留め具」は、そのままにしておきます。

留め具は、カバーに仕立てた後でも、カバーをコンパクトにまとめるのに役立ちますし、リュックにつけるときにリュックの上部にあるループにパチッと付けることで、カバーの脱落防止にも役立ちます。

 

 

tomegu.jpg
この留め具は、外さないでネ

 

 

真ん中の穴があいている所を、塞ぐように縫います。

 

 

ana.jpg
ピンクの糸で縫ってあります

 

 

周りを三つ折りにしてぐるーっと一周、縫って、ゴムを通して、出来上がり~☆

 

 

 

ryukku.jpg
リュックにつけると、こんな感じ

 

 

matome.jpg
留め具でまとめて、コンパクトに収納

 

 

ミシンは使えない。。。
という人には、もう1つ簡単なリュックカバーの作り方があります(・▽・)
こちらに、記事にしてありますので、ぜひご覧ください(^^)

こちらをクリック☆

 

 


「リュックがビショビショ~」にならない提案!子供を抱っこしながらでも傘をさせる♪

56PV

あれもこれも カスタマ~イズ

このダンゴ虫のようなものはなんだと思いますか?(´∀`)

 

dangomushi.jpg
 

 

答えは、100円ショップで購入の、ミニバイク用サドルカバーをまとった「リュック」さんなのですが、なぜリュックさんがこんな格好をしているのかと申しますと、「雨に濡れないため」です。

私は、子供が産まれてからというもの、いつもリュックを背負って買い物やら公園やらへ出掛けています。

リュックは両手があくので、マザーズバッグとしてベストな形態なのではないでしょうか(゚∀゚)

 

今回は、子供を抱っこしたまま傘をさしたとき、雨のなか、リュックがビショビショになるのをなんとかする!という試みの記事です。

ふと思いつき、100円ショップで購入したミニバイク用サドルカバーをリュックに被せてみたところ、ちょうどフィットしました(゚∀゚)

ただし、ただ被せただけだとずり落ちてくるので、カバーに入っているゴム、ちょうど、ゴムの入れ替え口のあたりにピヨッと出ているゴムに、紐を結び付けておきます。

 

 

 

himowomusubu.jpg
結びつけたところ

 

 

そして、使用するときには、その紐をリュックの上部に結びます。

 

 

ryukku_musubu.jpg
これで、ずり落ちの心配なーし!

 

 

一度、雨の日に使ってみましたが、なかなか使いやすかったです♪

いつもリュックの中に忍ばせておいて、雨のときに使おうと思います!

もしよかったら、やってみてください。

 

 

(追記:2012/11/18)

ミシンが使える!という人向けですが、もう1つリュックカバーの作り方があります(・▽・)
こちらに、記事にしましたので、ぜひご覧ください(^^)

こちらをクリック☆

 

 


日傘、持てない。。。日焼け止め、めんどい。。。 この夏は「ほっかむり」で紫外線防御!!

42PV

あれもこれも カスタマ~イズ

小さな子供がいると手があかず、なかなか日傘をさせないですね。
今年はなんとか、日傘なみに日よけ効果のある「帽子」を夏が来るまえに準備しよう!と思い、品揃え豊富な楽天を使って、帽子選びをしました。

つばが大きいことは必須で、この際、おしゃれであることは諦めよう!と決めて選びはじめましたが、なんと、つばが大きいくせにおしゃれな帽子と出会えました

届いたものをかぶってみましたが、思っていたよりもつばが広く、これなら日傘なしでもいけるなっと思いました。
写真のとおり、とてもかわくて気に入りました

帽子の写真(モデル:RODY)
boushi1.jpg

さて、つば広の帽子をさがしていると、つばの耳上あたりにリボンがついていて、それを首元で結ぶタイプの帽子に結構出くわしました。
ハイ、リボンで結びたくなる気持ち、よくわかります。
あれを首元で結ぶと、顔を日からしっかりとガードできるんですよね。
でも、あれってほっかむりみたいで、ちょっとダサいよね。

あれ

boushi_are.jpg

でも、私はどうしても日焼けをしたくないので、「あれ」をすることにしました。
しかしながら、私の購入した帽子にはそれ用のリボンがついていません。
そこで、カスタマーイズ!をしてみました。

これは、帽子が風で飛ばされないようにするためのクリップ。100円ショップなどで手に入れられます。

boushihimo1.jpg

クリップの紐を短いものに取り替えます。
元々の紐が太すぎなので、目立たないような細いものと、取り替えました。

boushihimo4.jpg

そして、クリップをあごのところにくっつける!
どうだ。
これでかなり日からガードされます。

ほっかむり(モデル:RODY)
boushihokkamuri.jpg

ちなみに、知っている人と出会ったら、即、片方のクリップを外してそれを襟元にくっつけます。
そうすると、ただの帽子クリップに(笑)
(やっぱり、ちょっとダサいので恥ずかしいんです。ご自分で、鏡で見てもらえるとわかります。)

[個別ページへ]



ページの先頭へ