「地域限定情報 – 関東 –」の記事一覧(2 / 2ページ目)

上野 『国立科学博物館』 愛・地球博 長久手日本館 「シアター36○」

79PV

地域限定情報 - 関東 -

家族で、上野へ行ってきました。

上野は、駅前に公園があって、動物園も 美術館も 博物館も あって、子連れでもとても楽しめるところですね。

今回行ったのは、上野にある 『国立科学博物館』 でした。

4才のSORAが途中で疲れてぐずってしまったため、日本館はまわれず、地球館と「シアター36○」だけしか見れませんでしたが、近いので、また行きたいです。
そして今度こそ、日本館も

お勧めは
「THEATER36○(シアター・サン・ロク・マル)」

2005年「愛・地球博」の長久手日本館で人気を博したシアターが、移設されたものです。
ドームの内側すべてがスクリーンになっていて、その中のブリッジに立ち、映像を見ます。
(人類の旅・宇宙の旅・マントルと地球の変動・恐竜 など。 )
360°全方位に映像が映し出され、独特の浮遊感などが味わえるシアターです。
常設展料金 (600円) 内で、見ることができます。

360.gif

私がお勧めするまでもなく、当然、博物館のイチオシでしょうね(^^)
空いている方が映像全体が目に入ってきて迫力があるので、空いている日がベターですね。
平日とか。

【「THEATER36○」 国立科学博物館オフィシャルサイト】
↓↓

こちらをクリック☆こちらをクリック☆

それから、もうひとつお勧めしたいのは、地球館にあるレストラン 「ムーセイオン」 です。
こちらは場所が奥まったところにあるので、ちょっとわかりづらいかもしれません。
日本館にあるカフェラウンジではなく、 地球館にあるレストラン です。
このレストランでは、窓から展示室が見れます。
化石を見ながらお食事なんて、ちょっと洒落ていますよね。

restran.jpg

ただ、どういうわけか、子供用のイスがないうえお子様ランチもない(それっぽいのはいくつかあるけれど 「お子様ランチ」 という記載はない。)、子供用の食器も出てこない。。。
暗に、 「オトナの空間を目指したい」 といったところなんでしょうか。。。
でも、接客も悪くないし、私は好きになりました。 このレストラン。
レストラン内のデザイン性も高いので、柱や天井なんかも、見てみてください(^^)

restran2.jpg

地球館には、大きな恐竜の化石がたくさん展示されていました。
その他、宇宙・生物の進化・多様な生き物など多くの展示物がありました。

hakusei2.jpg

tori.jpg

たんけん広場も面白かったです。

shizen.jpg

jikkenn.jpg

小さな子がいると、

博物館なんて行くの難しいよ。。。

と思う人もいると思いますが、国立科学博物館では、展示物のほとんどは相当ぶ厚いガラスの向こうにあるので、そうたやすくはお子様の手が触れることはありませんよ。
大丈夫大丈夫

もちろん、中には手が届くようなものもあるので、目は離せませんが、
ずーっと手をつないだり抱っこをしていなくても大丈夫(^^)

小さな子で、科学なんてわからなくたって、壮大な恐竜や大きな生き物の剥製には目を見張ることでしょう。
是非、連れて行ってあげてください

shika.jpg

(追記:2014/01/14)

ふと思いたち、久しぶりに、SORAを連れて科学博物館へ行ってきました。

SORAが 「クソばばあ!」 と反抗して一緒に行ってくれなくなるまでは、たびたび連れて行きたい場所です。
反抗期が終わったら、また一緒に行きたい場所ですし、 [そういう場所] にしていけたら。。。 と思います。
私自身も理科が大好きだったものですから。

そういう想いがあって、今回、 リピーターズパスを購入しました。

博物館の窓口にて1,000円で購入できる、1年間有効のパスなんですが、これを提示すると 『国立科学博物館』『自然教育園』(東京都港区)『つくば実験植物園』(茨城県) に、1年間無料で入園できます。
国立科学博物館は、大人の入園料が600円なので、1年に2回以上くる人ならお得ですね!

特典は他にもあります。

・ 音声ガイド (PDA) の貸出料無料。 (ただし、1回目のみ300円)
・ ミュージアムショップ10%割引き (ただし、書籍やDVDなど対象外あり)
・ 地球館レストラン「ムーセイオン」 5%割引き
・ 特別展割引入場

[国立科学博物館 リピーターズパスについて]

こちらをクリック☆

今回は、前回はまわれなかった 「日本館」 を中心に、見てまわろうとしました。
でも、 「日本館」 は細々とした展示が多いので、SORAは早々に飽きてしまったようです。。。
「日本館」 を早めに切り上げ 「地球館」 の方に連れていくと、急に元気になって恐竜の化石などに食いつき始めました。
小さな子には、より迫力のある 「地球館」 の方が、惹きつけられるのかもなぁ~ と感じました。
館内はとにかく展示量が多く、きちんと見て回ると1日では見きれないと思うので、1回しか行かない人なら、地球館の方を中心にまわった方がいいかもしれません。。。

あとは、 「おたずねの多い展示30」 という入口付近にあるパンフレットに載っている30点も、言い換えれば 外せないポイント かと思います。
見てみてください(^^)

・ シアター36○
・ 江戸時代のミイラ
・ 忠犬ハチ公のはく製
・ カラフト犬ジロのはく製
・ ダイオウイカ
・ 零戦(零式艦上戦闘機)
・ 恐竜の骨格化石
・ 猿人・原人・旧人の復元

など。

[個別ページへ]


『舎人公園&舎人いきいき公園』 安あがりで、丸一日楽しめる!東京

148PV

地域限定情報 - 関東 -

先日、家族で、舎人公園へ出かけてみました。
都会のなかにある公園ですが、広々としていて、緑がたくさんあり、リフレッシュできる公園です。

 

 

じゃぶじゃぶ池(無料♪)
jyabujyabu.jpg

ソリ(無料♪)
toneri_sori2.jpg


toneri_bench.jpg

 

バーベキューも、できます。
【特集 舎人公園 手ぶらでバーベキュー】
↓↓
こちらをクリック☆こちらをクリック☆

※ とても広い公園です。車で行く方は、ご自分が遊びたい場所に近い駐車場を、調べてから行くと良いです。
(駐車場は有料)
※ 水曜はじゃぶじゃぶ池がお休みなので、気をつけてください。 (2012/8 現在)

写真がいっぱい載っていて見やすいサイトがありましたので、リンクさせていただきます
↓↓
【1000円もって 公園へ行こう】
こちらをクリック☆こちらをクリック☆

公式サイトはこちら
↓↓
【公園へ行こう!!東京都公園協会】

こちらをクリック☆こちらをクリック☆

それから

舎人公園から車で10分くらいのところにある「舎人いきいき公園」、幼児にお勧めです。
日本昔話?を意識した風な面白い公園です(^▽^)
歩いて5分くらいのところに、スーパー「ライフ」があり、買い物に便利です。

[住所] 舎人いきいき公園
東京都足立区舎人6-3-1

 

鬼の滑り台
oni_mae.jpg

鬼の後姿&桃の砂場
oni_ushiro.jpg

かちかち山?
tanuki.jpg


fune.jpg

魚&亀
sakana.jpg

幼児用ロッククライミング
suberi.jpg

 

 

舎人公園から1kmちょっとのところにある 『南平児童交通公園』 は、バッテリーカーや変わり種自転車に無料で乗れて、子供が喜びます
バッテリーカーや変わり種自転車の貸出しは、曜日や時間帯が限定されているので、公式サイトで確認してから行ってくださいね(^0^)

『南平児童交通公園』 についての記事は、 こちら です。

 

[個別ページへ]


色って面白い!『フィットモア カラースクール』 お勧め!

40PV

地域限定情報 - 関東 -

色って面白いです。
何か学びたいなーと漠然と思っている方、「色」なんてどうでしょう!
今日は、私が通っているカラースクールのお話をします。
フィットモアという、古賀けい子先生のスクールです。

私がフィットモアで学ぶきっかけとなったのは、「カラフル配色レッスン見本帖」という古賀先生の本との出会いでした。
この本では、カラースケールを「ヒューマンカラー理論」からとっています。
「ヒューマンカラー理論」とは、地球上の自然の美しい色をベースにし、 誰もが心地よいと感じる色で構成しています。

判断の軸がわかることによって、色の本当の大切さや必要性が理解でき、色の魅力を自由自在に活用できるようになります。
こう、文章にするとわかりにくいもしれないけれど、部屋のインテリア、服のコーディネートで迷うことがあまりなくなります。
そしてそういったものをショップで選ぶことが、とっても楽しくなっちゃいます☆
クールソフトという分類にはいる色同士は、何色組み合わせてもしっくり馴染むので、ものの多い部屋であっても、帽子かぶってマフラー巻いてごちゃごちゃっとしたコーディネートでも、きれいにまとまるんです。
色のマジックには、ほんとに驚かされます!

色を学ぶには、独学というのはスゴク難しいと思います。
学ぶ前からそう思っていたけれど、ひととおりベーシックコースを終えた今も、その考えは変わりません。
色は、専門の先生に密着して質問しまくり、身に着けていかないと難しいです。

色を見るにはスケールが必要で、そのスケールが狂っていると、正確に色を見ることができません。
私自身も自分の中のスケールの調整にはだいぶ苦労しましたが、最近なかなかスクールに足を運べていないので、また狂い始めているかもしれないですね。。。
たとえば、「黒」ってどういう色かわかりますか?「白」って?
そこにほんの少し「青」が足された場合、ちゃんとそれに気づくかしら??
となりに「黒」の色紙をおけば、「あ、青が足されてる!」って誰でもわかるけれど、そんなことをしなくてもわかるくらいにならないと、ビジネスではなかなか色を使いこなせないかもしれません。
色をみるとき、服であれば素材感だったり光のあたり具合だったり、そんなことでも結構惑わされますから、色って難しいですね。
もちろん古賀先生は、足されている色がほんの少ーしでもちゃんとわかります。
私も最初はなかなかわからなかったのですが、訓練することで徐々にわかるようになりました。

スクールには、トータルイメージアップコミュニケーション能力アップの講座もあります。
先生のお人柄がとても好きなので、私もこういった講座を受講したいところなのですが、子供が産まれたこともあり、なかなか。。。
私が受講したのは、カラーのベーシックコースです。
全16回ですが、毎回、とても楽しかったです♪
目からウロコがおちますよ!
興味のある方は、ホームページを覗いてみてください☆
スクールは新宿にあります。

fitmore.jpg
※ 画像は、カラースクールのホームページより
お借りしています。

「フィットモア」のホームページはこちら☆
↓↓↓
こちらをクリック☆こちらをクリック☆こちらをクリック☆こちらをクリック☆

[個別ページへ]



ページの先頭へ